「4週8休」の真実、ご存知ですか?

「4週8休」実際に休めるのは○日

看護師の休日設定で、一番多いパターンと言われる「4週8休」。
この4週8休を、1年間に休める日数として換算すると、年間104日になります。
年間120日以上休める場合も多い一般企業と比較すると、看護師の休みの少なさを実感します。

しかし、同じ4週8休でも、年間104日しか休めない職場もあれば、120日以上休める職場もあることをご存知ですか?
ここでは、週・月の休みが同数でも、1年間の休日数にバラつきが出る理由と、休みが多い職場を見つける、求人広告の見方について解説します。

同じ「4週8休」でも…休みが多い職場を探す2つのコツ

「年間公休」「年間休日」も必ず確認

上で見た104日という数は、夏期・冬期休暇などを含めない、4週8休の場合の最低年間休日数です。
このように、休暇などを含めない、「定期的に確実に取れる休日数」を、「年間公休」と呼びます。

一方、休暇(有給休暇は除く)などを含む、「年間で取れる全ての休日数」が、「年間休日」です。
年間休日は、その職場の休暇数や、祝祭日に休めるか否かによって大きく変わります。
同じ4週8休でも、職場によって1年間の休日数にバラつきが出るのはそのためです。

求人広告を見る際、週や月の休みだけではなく、「年間公休」「年間休日」にも注目することで、休みが多い職場を見つけやすくなるでしょう。

有給消化率もチェックできるとなお良し

年間休日数は、有給休暇をどれくらい消化できるかによっても異なります。
例えば4週8休、年間休日110日、有給休暇10日の事業所があるとします。

年間休日と有給休暇の合計は120日と、一見たっぷり休みが取れる職場のように思えます。
ここで注目したいのが、有給消化率。この職場の有給消化率が50%の場合、実質休める日数は115日。

パッと見た休日数に惑わされると、いざ入職してから「有給がほとんど取れなくて、思ったより休みが少なかった…」とギャップを感じる可能性があります。

求人広告に有給消化率の記載があれば忘れずチェックし、実際に休める年間休日数がどれくらいになるのか、ぜひ計算してみて下さい。

休日の情報が分からない時は?

とはいえ、求人広告に、年間休日数や有給消化率が載っていないこともあるでしょう。
面接で聞こうにも、休日に関する直球の質問をすると、
「仕事内容より待遇重視の人か…」と面接官に悪印象を与えそうで心配です。

当社の人材紹介サービス『ナース人材バンク』では、年間休日数や有給消化率など、事業所ごとの詳細情報を知るコンサルタントが、皆さんの転職成功をサポート。

事業所に直接聞きにくいことは、何でもコンサルタントにお尋ねください。
心身ともに過酷な状況に置かれる看護師にとって、休日は、リフレッシュのための大切なポイント。

しっかり休みを取れる職場に転職したい方は、『ナース人材バンク』にぜひお問い合わせを!
あなたの希望にピッタリ合う求人をご紹介し、内定までサポートします。

この記事は参考になりましたか?


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ