あなたの1時間、いくら?月給を時給換算してみよう

あなたの時給は割に合う?

時給という考え方に、あまり馴染みがない方は多いかもしれません。
しかし時給は、「今の職場では給料を効率的に稼げるか?」を測る、とても良い指標です。

一見、月給が高く思える職場でも、サービス残業が常態化している場合、労働時間が長い割に時給が低い、という損な状況が生じている可能性があります。

逆に、月給はそれほど高くなくても、残業が少ない・休みが多い職場では比較的時給が高く、それほど長い時間働かなくても効率的に稼げる場合もあります。

今回はまず、あなたの月給を時給に換算する方法をご紹介。さらに、看護師と働く女性全体の平均時給のデータも解説します。ぜひご自分の時給と比較してみて下さい。

時給換算の計算方法

それでは早速、自分の月給を時給に換算するといくらになるのか、計算してみましょう。
まず、1カ月の総勤務時間(残業時間を含む)を勤務日数で割り、【1日の平均勤務時間】を算出します。

次に、今受け取っている月給の手取り額を勤務日数で割り、【日給】を計算します。
最後に、【日給】を【平均勤務時間】で割れば、あなたの労働が時給にするといくらなのか分かります。

  • 例:1日8時間勤務(残業月10時間)・1ヶ月の勤務日数22日・月給30万円の看護師の場合
  • 総勤務時間(8時間×22日+残業10時)÷1ヶ月の勤務日数22日=8.5時間⇒1日の平均勤務時間
    月給30万円÷22日=1万3636円⇒日給
    1万3636円÷8.5時間=1604円⇒時給算出!

看護師&働く女性全体の平均時給

ある調査によると、働く女性全体の平均時給は1523円。一方、看護師の平均時給は1969円で、その差は約500円。他職種の人と比べると、看護師の時給はやや高額と言えそうです。

ただし、時給は勤務地や事業所の規模によって変わり、地方や中小病院の時給は、首都圏や大病院の時給より低い傾向があるようです。

また、職場によっては「始業前に来て仕事をしても、残業代が支払われない」など、サービス残業が常態化している所が少なくなく、こうした職場では時給が平均より低い可能性があります。

今の時給に納得できない方は

ご自分の時給を算出した結果、「割に合わない!」と納得できなかった方は、仕事に見合った給与を支払ってくれる職場への、転職を検討してみませんか。

『ナース人材バンク』では、数々の看護師を転職成功に導いてきた転職のプロが、転職を全力サポート。
今より時給が高く、ワークライフバランスを保って効率的に稼げる職場をお探しします!

面接突破法など内定を取るためのコツもお伝えしますので、転職が初めての方も気軽にご相談ください。

この記事は参考になりましたか?


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ