看護師の給与比較~民間・公立・クリニック

給与明細を丸裸に

一般企業に勤める女性のそれを、約100万円上回る看護師さんの平均年収。
ただ、いちがいに看護師さんとひとくくりにしても、それぞれの給与の内訳は勤めている病院によって全く異なります。

そこで今回は、公立病院・民間病院・クリニックという、看護師さんの3大職場における給与明細を徹底比較。
一番稼げるのは?手当が厚いのは?クリニックって給料安いんでしょ?
などなど、気になる疑問も一気に解決です!

手当の豊富さNo.1【民間病院】

まずは、皆さんお馴染みの民間病院から。
■A病院(夜勤あり常勤の正看護師・経験3年)

  • 基本給 180,000円
  • 資格手当 20,000円
  • 夜勤手当 12,000円/回
  • 皆勤手当 5,000円
  • 住宅手当 10,000円
  • 【合計金額(夜勤4回を含む)】263,000円

基本給は低めですが、手当の豊富さと、その金額の高さが特徴です。
民間病院では、夜勤手当がゆうに1万円を超える病院がほとんど。
そのため、夜勤の回数によって、月給の額が大きく変わってきます。

ボーナスの額で選ぶなら【公立病院】

では、それを踏まえて公立病院を見ていきましょう。
■B病院(夜勤あり常勤の正看護師・経験3年)

  • 基本給 220,000円
  • 資格手当 10,000円
  • 夜勤手当 6,000円
  • 【合計金額(夜勤4回を含む)】254,000円

公立病院は、民間と比べて基本給が高い傾向がある反面、手当の種類は少なく、金額も低めです。
しかし、ここで気付いていただきたいのが、ボーナスの算出方法は「基本給×□ヶ月」であるという点。

つまり、基本給の高低がボーナスの金額を左右するため、たとえ民間病院の方が月給は高くても、基本給の額次第では、公立病院の方が年収は上という逆転現象が生じるのです。

THEピンキリ【クリニック】

最後にクリニックですが、患者数が少なく、夜勤もないため、一般的に病院よりは給与が低い傾向です。
ただ、病院母体のクリニックであれば、手当や基本給の水準が親である病院と近いため、それなりの収入は保証されます。

一方、完全なる個人クリニックの場合、経営状況が手当やボーナスの額を大きく左右するというのが現実のよう。
院長に気に入られれば年収大幅アップという事例も少なくないとか・・・。

カギは「年収」

この比較の結果から導き出せることは、ずばり、目が行きがちな「月給」だけで判断するのではなく、ボーナスを含んだ「年収」がいくらになるのか、一度計算してみていただきたいということ。
転職先選びのポイントとして、是非チェックしてみて下さい!


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ