看護師でも転職可能! 医療通訳者とは?

外国人の患者さんと日本人の医療者をつなぐ医療通訳者

医療の現場で活躍するのは、医師や看護師などの医療資格者がほとんどですが、影の立役者的存在の職業の方も多く活躍しています。中でも、医療通訳者はまさにその一つ。外国人の患者さんが日本人の医療者とスムーズに意思疎通が図れるようにサポートするお仕事です。看護師資格を持っている方が、医療通訳者に転身するケースは珍しくないようです。

今回は、この医療通訳者に迫ります。

医療通訳者とは?

医療現場では、医療従事者とその地域の言語を話せない人とのコミュニケーションをスムーズに進めるために、医療通訳者が通訳サポートを行っています。例えば、外国人の患者さんが日本の病院にやってきたときなどに活躍しています。

日本語を話せない外国人患者さんはもちろん、医師や看護師などの医療従事者にとっても、医療通訳は必要不可欠なもの。患者さんの不安は、しっかりとした正確な通訳によって払拭されますし、患者さんからの病状の訴えについても、正確に医師に伝わるので、的確な診断を行うことができるといわれています。スムーズな意思疎通が図れれば、医療従事者と患者さんとの信頼関係も築かれます。

医療通訳者の仕事の楽しさ

この医療通訳者のお仕事には、どのようなやりがいや楽しさがあるのでしょうか。やはり一番は患者さんからの質問を正確に医師などに伝え、的確な診断がなされること。患者さんにふさわしい治療などが施され、やがて患者さんが元気になっていく姿を見ることができるのは、さらなる喜びだといわれています。

そもそも、病気やケガを抱えた患者さんは、とても不安と悩みを抱えて病院へやってきます。そこで言葉の壁があれば、さらにその不安と悩みは大きなものになってしまいます。医療通訳者は、そのような大きな問題を見事に解消することができる貴重な職種といえそうです。言葉が通じないことによって、健康だけでなく、ときには生命と直結する問題へと発展する危険も大いに秘めています。この大きなリスクを背負っていることで重大な役割を担うのが医療通訳者です。

医療通訳者になるには?

医療通訳をするには、ただ英語や外国語が得意というだけでなく、症状や治療方法、薬の効果などの説明を行うことのできる専門的な表現ができるスキルが求められます。バックグラウンドとしてある程度医療知識も必要になってくるでしょう。

そこで、医師や看護師、薬剤師などが医療通訳のスキルを高めて従事したり、資格を取得して転身したりするケースも少なくないようです。各専門学校では、英語や中国語などの医療通訳スキルを身につけることができますし、医療通訳士の資格を取得することもできます。

医療通訳に興味がある方は、ぜひ資格取得やスクール受講などを検討してみてください。医療通訳サービスを提供している団体の中には、正社員としてだけでなく、派遣やアルバイト、ボランティアなど色々な雇用形態で働くことができるところもあります。

医療通訳を視野に入れた転職をお考えの方は、弊社の人材紹介サービス『ナース人材バンク』にご相談ください。看護師転職のプロのコンサルタントが、あなたのキャリアプラン実現のために尽力します。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ