夜勤なしで年収400万円~を目指せる職場

日勤常勤の平均年収は○○万円

日勤常勤は、看護師に人気の働き方です。
夜勤がないため、昼夜逆転生活で体調を崩すこともなく、終業後のプライベートも確保できます。

しかし、一番のネックは給与面です。2012年の調査によると、看護師の平均年収は471万円。
一方、日勤常勤の看護師の平均年収は320~360万円と、100~150万円も差がついてしまいます。

「夜勤手当が出ないからこんなもんか…」と諦めるのはまだ早いです!
ここでは、日勤常勤でも年収400万円以上を目指せる職場を、厳選してご紹介します。

ただし、ここで挙げる年収はあくまでも平均値。
地域や事業所の経営状態、本人の経験年数などによって、実際にもらえる額は変わってきます。
その点を念頭に置いた上で、職場探しの参考にしていただければ幸いです!

夜勤なしで400万円~も可能!3つの職場

訪問看護

訪問看護の平均年収は、400~500万円。職場や経験次第で、年収600万円を超える場合もあるようです。また、土日祝日が固定で休める所も多く、家庭がある方・規則正しく働きたい方にオススメです。

仕事内容としては、利用者の自宅を訪問し、バイタルチェックやリハビリ、入浴介助など1人1人に合ったケアを提供します。
夜勤はありませんが、職場によって、オンコールの待機を求められる場合があります。
ただし、管理者のみが対応する場合や、電話対応のみで済む場合など、出動実態は様々。
面接などで、事前によく確認するようにしましょう。

透析

透析の平均年収は、約450万円。透析は特殊な業務が多いため1万円前後の手当を支給する職場が多く、日勤常勤の職場としては給与が高めなのです。

透析では、透析前の準備~返血といった一連の業務のほか、患者に対する生活指導、フットケアなども看護師が行います。

「業務が特殊でつぶしが利かない」などと敬遠されがちな透析。しかし、専門的な技術以外にも、観察力や指導力など、看護師に不可欠なスキルを身に付けられます。
給与アップもスキルアップも叶う職場です。

眼科

眼科の平均年収は、約400万円前後。レーシックなど手術が多い事業所ほど、高給与の傾向があるようです。
手術を行わない事業所と比べて、月給の差が5~10万円になることも。

眼科での看護師の仕事は、問診や検査、洗眼・点眼、手術後の患者に対する生活サポートなどが主です。
手術があるとはいえ、ほとんどが日帰り手術のため、夜勤がない職場も多くあります。

急変の可能性が少ないため、突発的に残業が発生することも少ないでしょう。
プライベートの時間を確保したい方に、ピッタリの職場です。

転職の相談はお気軽に!

ここまで、日勤のみでも高給与の職場をご紹介してきました。
ただし、給与だけを重視して転職先を選ぶのは考えもの。
満足度の高い転職をするには、仕事内容や職場の雰囲気なども含め、総合的に判断することが重要です。

転職をお考えの方は、お気軽に『ナース人材バンク』にご相談ください!
あなたの希望条件を丁寧にヒアリングし、最もマッチする求人を厳選してご紹介。

当社のコンサルタントは、各事業所の給与内訳や、詳しい業務内容、人間関係といった内部情報を把握しているので、何でもご質問ください。
履歴書の書き方や面接対策もしっかりお伝えし、内定まで手厚くサポートします。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ