おすすめ職場の1日を追え!助産師

助産師の1日を追え!

助産師は、生命が誕生する瞬間に立ち会うことができる、喜びと感動にあふれたお仕事。
以前、こちらの記事では助産師の仕事内容ややりがい、求人の探し方について解説しました。

今回は、「1日の業務の流れをもっと詳しく知りたい」という声にお応えして、【お産がない日】【お産がある日】それぞれの業務スケジュールをご紹介します(病院勤務の助産師を想定)。

以下のスケジュールはあくまでも一例ですが、仕事をイメージする上での参考にしてみてください!

お産がない日のスケジュール

  • 【9:00】申し送り

1日の業務は申し送りからスタート。
「昨日出産した人や新生児の様子はどうか」「陣痛が起こりそうな人はいるか」などを共有します。

  • 【9:30】検診

受け持ちの妊婦や褥婦、新生児に対し、検温や血圧測定、新生児の心拍確認などの検診を行います。
検診の結果は、経過表にしっかり記録します。

  • 【12:00】お昼をしっかり食べて、午後に備えます!
  • 【13:00】退院指導

退院前の褥婦に対して、沐浴や授乳の仕方といった、退院後の生活指導を行います。

  • 【16:00】妊婦への指導

妊婦に対して、腰のマッサージやラマーズ法を指導し、お腹にいる胎児の状態チェックなどを行います。
万全な状態でお産を迎えられるようサポートします。

  • 【18:00】定時に業務終了

夜勤に入るスタッフに申し送りをし、カルテの記入など事務作業を終えたら業務終了です。

お産がある日のスケジュール

  • 【9:00】申し送り

お産がない日と同じく、申し送りから業務がスタート。
今日は、今朝がたから陣痛が始まっている妊婦がお産を迎える予定です。
妊婦・胎児の状態や、希望の分娩スタイル(立ち会い出産希望など)などの情報を共有します。

  • 【10:00】陣痛に苦しむ妊婦をサポート

既に陣痛が始まっている妊婦の子宮口が徐々に開き始め、お産の時が刻一刻と近づきます。
初産の場合、約10分間隔の陣痛が始まってから子宮口が開き切るまで平均10~12時間かかる場合も。
ちなみに出産経験がある人の場合は、4~6時間と半分程度になるようです。

この間、助産師は陣痛に苦しむ妊婦の体をさすったり、声をかけて励ましながらお産の時を待ちます。
(必ずしも付きっきりではなく、妊婦とその家族だけを病室に残し、助産師は数時間ごとに様子を見に来る、といった場合もあるようです)

  • 【14:00】妊婦を分娩室へ移動・お産を介助

子宮口が全開に近づいたため、妊婦を分娩室に移動させます。いよいよお産の始まりです。
分娩室に入ってから、助産師は妊婦を励ましながらいきみ方や呼吸法を指導し、お産をリードします。
無事出産した後、新生児のへその尾を切ることも、助産師の大切な仕事です。

  • 【17:00】褥婦を病室へ移動

分娩台で2時間ほど休憩した褥婦を、病室に移動させます。
開いた骨盤を閉めるために腰帯を巻いたりと、出産で疲労困憊した褥婦を労わります。

  • 【19:00】業務終了

夜勤に入るスタッフに、その日出産した褥婦の状態などを申し送ります。
デスクワークなどを手早くこなし、業務終了です。

過酷な現場で見出す喜びと感動

100人妊婦がいれば100通りのお産があると言われています。
陣痛が始まって5時間程度で出産する人もいれば、日をまたいでようやく出産する人も珍しくないとか。

お産が長引けば、残業が発生したり、全く休憩が取れない可能性も考えられます。
また、助産師が足りない場合、休みのスタッフにまで呼び出しが掛かる場合もあるようです。

時間・体力ともに消耗する過酷な仕事ですが、「時間がかかっても、無事に生まれた瞬間は本当に感動する」「笑顔で退院していくお母さんと赤ちゃんを見ることが何よりの喜び」という声も。

生命誕生の感動を心から感じられる助産師という仕事に、ぜひ注目してみてください!


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ