【看護師向け 例文付き】病院の志望動機のポイントや書き方は?面接や履歴書のアピール方法!

全て表示

病院の採用試験を受ける看護師向け 志望動機のポイント&例文

病院の採用試験にあたって必要な志望動機は、採否に関わる重要なものです。この記事では、志望動機を考えるためのポイントについて解説し、例文をご紹介します。病院側にうまくアピールして採用を勝ち取るために、ぜひご活用ください。

志望動機作成のポイント

病院側が採用したくなる志望動機とは、「なるほど、だからうちを志望したのか」と納得し「この人なら活躍してくれそうだ」と期待できる内容のものです。そのためには、以下のポイントをおさえて考えることが効果的です。

志望先の病院について研究する

どこの病院にも、その病院ならではの特徴があるはずです。それは、病院として力を入れているアピールポイントであったり、地域の中での位置づけであったり、あるいは他の病院とは違うシステムという場合もあるでしょう。 志望する病院についてよく情報収集し、特徴をつかむことが重要です。それを理解していることを志望動機内で示すことが、病院側に「うちのことをよく理解しているな」と思ってもらえることに繋がります。

病院と自分の縁をアピールする

病院の特徴をつかんだら、それと自分のやりたいことや貢献できることが一致しているために志望したことを強調しましょう。病院側に「どこでもいいのではなく、うちで働きたいんだな」と思ってもらうことが重要です。

ポジティブな表現を使う

例えば「前職ではこういう経験ができなかったから転職を考えた」、「経験が少ないため学ばせてもらいたい」などの表現は、病院側にネガティブな印象を与える場合があります。採用してもやりたいことができないと判断すれば退職してしまうかもしれない、多忙で経験不足をフォローする余裕がないため難しそうだ、などと捉えられてしまっては不採用になりかねません。 「前職で得たこのような経験を基により幅を広げたいと考えた」、「経験が少ない中でもこれは身についている」などのようにポジティブな表現にするのがよいでしょう。

“待遇のよさ”は前面に出さない

給与が高い・休日が多いなどの待遇に惹かれて応募する場合もあると思いますが、それを志望動機として述べるのは避けましょう。病院側に「待遇が良ければどこの病院でもいいという看護師なんだな」と思われる可能性があります。 前述したように、病院側が求めているのは“その病院の特徴にコミットし貢献できる看護師”です。待遇以外にもその病院ならではの魅力を探してみましょう。

3段階の型に整える

志望動機の要素が素晴らしくても、構成が整っていなければ相手にうまく伝わりません。流れが自然で理解しやすい形にするためには、以下の3段階でまとめると効果的です。

1)これまでにどのような経験をし、医療や看護に対してどのような思いをもっているか
2)そのような自分がこの病院に惹かれる理由は何か
3)1)、2)をふまえ、やりたいこと・貢献できること(具体的に述べる)がこの病院だからこそ実現できる

志望動機の例文5選

以下には、志望動機の内容に応じた例文をご紹介します。ただし、志望動機を語る上で最も大切なのは、“自分の言葉で!”です。例文は参考程度にし、自分なりにアレンジすることをおすすめします。

理念に掲げられているような看護がしたい

これまでの経験の中で、“患者さんと話し合う”ことの大切さを実感してまいりました。患者さんが望むことをきき、看護師としての判断を伝え、一緒に目標を定めることが、その人らしい生活を送ることにつながると考えております。

そのため、貴院が掲げられている「患者さんと共に歩む看護」という理念に共感し、ぜひ一緒に実践させていただきたく志望いたしました。患者さんやスタッフの方々に、共に歩むことができる看護師だと認めていただけるように、細やかにコミュニケーションをとりながら働きたいと思います。

成長の場として魅力を感じる

私は、“どのような患者さんにも対応できる”看護師を目指したいと考えております。そのためには、幅広い経験をすることで多くの知識と技術を身につけていくことが必要だと思います。 貴院では、多くの診療科にかかわる患者さんを受け入れられており、ローテーションによる教育プログラムも充実されていると伺っています。そのため、様々な状況の患者さんに対する看護を経験できるところに魅力を感じています。ぜひこのような環境で学ばせていただき、将来的にはどの領域でも力を発揮できる看護師になりたいと考え志望いたしました。

スキルアップしたい

これまでは、総合病院の循環器外科に勤務しておりました。患者さんが急変する場面に出会う中で、より的確で迅速な対応ができるようになりたいと考えるようになりました。

貴院では、三次救急として重症度の高い患者さんを多く受け入れておられます。また、クリティカルケアの認定看護師を育成されていると伺っています。このような環境であれば、緊急時の対応について深く学べると考えました。

これまでの経験を活かして、救急にかかわる看護師としてスキルアップしたいと思います。

チャレンジしたい

これまで外科・放射線科の病棟に勤務し、がん患者さんの治療にかかわってきました。治療の効果が得られない患者さんにも出会う中で、終末期に寄り添う看護をしたいという思いを抱くようになりました。 ターミナルケアに力を入れておられる貴院であれば、終末期の看護を経験できると考え志望いたしました。これまで身につけた急性期看護のスキルを活かしながら、患者さんが最後まで安楽に過ごせるようなケアをしたいと思います。

病院に貢献できる

これまでに、慢性期・急性期看護、リーダーや新人指導などの業務を経験してまいりました。ジェネラリストとしてある程度のスキルは身についていると自負しております。

総合病院として様々な患者さんを受け入れ、新人教育にも力を入れておられる貴院で、少しでもお役に立てたらと考え志望いたしました。これまでの経験を活かし、新しいことも積極的に学びながら、どのような配属になっても力を発揮できるように努力いたします。

自分も相手も納得できる志望動機を!

どんなに素晴らしい志望動機でも、上辺だけでは相手に響かずやりとりも深まりません。まずは自分の正直な気持ちを確認し、志望動機としてふさわしい形にアレンジするのがよいのではないでしょうか。

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ