心療内科ってどんな仕事?

そもそも・・・心療内科と精神科はどう違う?

混同されやすい心療内科と精神科ですが、両者には大きな違いがあります。

精神科は主に、不眠や抑うつ状態などの、心の症状に重点を置く診療科です。
一方、心療内科では、心の症状と身体の症状どちらにも焦点を当て、両者をバランスよく診ます。

心療内科で治療するのは主に、摂食障害や過敏性腸症候群といった、心身症と呼ばれる疾患です。
これらの疾患は、心の症状だけではなく、体重減少による身体の機能低下や、腸の働きの異常などの身体症状を伴います。

実は、心療内科は日本独自の診療科名で、海外にはありません。
1996年に、国が心療内科を標榜科として認めて以降、心療内科を掲げる医療機関が増えていきました。

その結果、精神科は敷居が高いと感じていた人にも、「心療内科ならイメージがやわらかい」と、心身症の治療を受けてもらいやすくなったようです。

心療内科の仕事内容

心療内科での看護師の仕事は、問診や採血、点滴などの一般的な看護業務が主体です。
ただし、他の診療科と違うのは、来院する患者の多くが精神的にナーバスになっていること。

看護師には、言葉遣いや態度に注意し、患者の気持ちに寄り添ったコミュニケーションが求められると言えるでしょう。患者の不安を聞いたり、相談に乗るなど、精神的な支えになることも看護師の役割です。

また、「今日はいつもより元気が無いな」「顔色が少し良いかな?」と、ちょっとした変化を見逃さない力も必要になります。

リアルな実態!経験者の声

ここで、実際に心療内科で働いた経験がある方の声をご紹介しましょう。

  • 「良かれと思って声かけしても、患者さんとしてはそっとしておいてほしい、と思っている場合もある。相手の立場に立ったコミュニケーションは難しいけど、奥が深くて勉強になる」

声かけは、患者を元気づけたり、痛みや不安を和らげる上で重要な看護の基本。
しかし、心療内科の場合、必ずしも声かけがプラスに働かない場合も。患者とのコミュニケーションを探りながら、じっくり信頼関係を築きたい方なら、やりがいを感じられそうです。

また、一口に心療内科と言っても、仕事内容は事業所によって異なり、

  • 「私が知っているクリニックは、採血が主な仕事。患者さんと話したり、心理面のサポートはしないみたいで、正直やりがいがなさそうと思いました」

という声も。看護師の仕事内容は、入職前に要チェックです!

求人数が多く、将来性も◎

1980年には、人口10万人あたり1.5~1.8人だった摂食障害の患者は、1998年には10倍に増加。
過敏性腸症候群の患者は人口の10~20%にのぼり、女性・男性問わず増加傾向にあります。

こうした疾患を専門に診る心療内科の需要は、今後ますます高まっていくでしょう。
心療内科の求人は、病院で募集されていることが多いですが、都市圏であれば心療内科クリニックでの求人も少なくありません。
心療内科のお仕事に興味を持った方は、『ナース人材バンク』へお問い合わせください!

当社では、全国各地の心療内科の求人を扱っています。詳しい仕事内容は事前にお伝えするので、入職した後に「思っていた仕事と違う」とギャップを感じることも少ないはず。ちょっと面倒な面接日時の設定や給与交渉も、当社が代行します。どうぞお気軽にご相談ください!


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ