認定看護師・専門看護師のメリット・デメリットは?

認定・専門看護師になってキャリアアップしたい

ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』の掲示板に、

  • 「皆さんは、認定看護師・専門看護師に興味がありますか・・?
    キャリアアップの一つの選択肢として、現在考えているのですが、
     ・なると、良い点
     ・逆に、悪い点
    等があれば、教えて頂けると嬉しいです」

という質問が届きました。

既に資格を取得されている方、現在教育課程で勉強中の方は、どんなご意見をお持ちなのでしょうか?
早速コメントを見ていきましょう。

【メリット】教育をしたい人には◎

  • 「教育をやりたい人は、教育的活動が一気に増える。任されることが多い」

スタッフに教育を行い、自分が学んだ知識を還元することは、認定・専門看護師の重要な役割。

教えることが好きな方や、病棟を変えたいという強い想いがある方なら、やりがいを感じながら仕事に取り組めるはず。

  • 「うちの病棟にも認定看護師さんがいます。彼女の頑張りで、この一年、スタッフは意識改革できたと思います。病院内外での講習や、医師と二人三脚での外来、院内の患者さんの問題をコンサルタントさせてもらったり・・・」

と、認定看護師の取り組みが実を結んだ、というコメントも。

【デメリット】結構お金がかかります

  • 「まるで給料が増えないのに、業務量が倍増」
  • 「更新のための学会出張などの出張費などの自己負担が大きい。それも、移動費宿泊費のほうが大きいのです。地方都市に住むとね」

認定・専門看護師の資格を取得しても、資格手当が全く出ない病院は少なくないようです。

教育課程への入学にも多額の費用がかかる上、取得後も交通費など諸々のお金がかかることを考えると、経済的に少々苦しくなることは否めません。

また、キャリアアップのために資格を取りたいと考えている投稿主さんに対して、

  • 「認定看護師ってのは自分のキャリアアップではなく、教育がメインです。病院のためにスタッフの底上げとかスキルアップが重要な役割ですので、教えるのが嫌な人はやめたほうがいい」

と自分のキャリアアップよりも、スタッフのスキルアップが、認定・専門看護師の役割だという指摘も。

認定看護師の資格を取得した看護師は1万人を、また専門看護師の資格取得者は1000人を超えています。
投稿主さんも、彼らの後に続くのでしょうか?

↓掲示板をチェック!↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「認定看護師・専門看護師について」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ