面接で落とされる人・採用せずにはいられない人の違い

落ちる人と受かる人、それぞれの特徴

看護師は慢性的な人手不足。どこの医療機関からも引く手あまたです。
しかし、「売り手市場だし、履歴書通れば面接も受かる!」と油断すると、あっさり落とされることも・・・。

今回は、採用する側から見た「面接で落とされる人」「採用せずにはいられない人」の違いを解説します。
せっかく書類審査をパスしたのです。その先のステップも、絶対モノにしましょう!

面接で落とされる人

マナーが悪い人

院内に入る前にコートを脱ぐ、きちんとした挨拶をする、席を勧められてから座る、
相手の目を見て話すといった基本的なマナーは、もちろん大切です。

また、面接前に匂いの強いものを食べたり、たばこを吸うことも控えた方が良いでしょう。
匂いが衣服に付いてしまうため、清潔感がないと思われる可能性があります。

遅刻は当然マナー違反ですが、「渋滞で遅れた」「地図を頼りに来たら道に迷った」などの事態が発生することも。
また、遅れてしまった後ろめたさが後を引き、面接で上手く話せず不採用となるケースも少なくないようです。

会話のキャッチボールができない人

面接官に聞かれたことに対する回答が的外れだったり、考えてきたことを一本調子で話す、
反対に緊張しすぎて全く話せないといった人は、不採用になる傾向が強いようです。

採用面接の場で、会話のキャッチボールが上手くできていなければ、
患者さんや他の看護師とのコミュニケーションも上手くいかないと思われてしまいます。

自己主張が強すぎる人

「休みは固定してほしい」「夜勤は絶対できない」「早出遅出は無理です」など、
自分の希望ばかり主張する人も良い印象を与えないようです。

強すぎる自己主張は、裏を返せば協調性の無さと判断される恐れがあります。
看護は決して一人でできる仕事ではなく、複数人の看護師が共同して行うもの。

チームプレーが基本である看護の現場において、
自己主張の仕方には十分気を付ける必要があるようです。

採用せずにはいられない人

相手の気持ちを察することができる人

面接官の質問の意図を汲み取って、聞き手に伝わりやすい、
的確な回答ができるような人は採用されやすいと言えます。

例えば志望動機を聞かれた時に「何に魅力を感じたか」という話しかしないのが普通の人。
採用せずにいられない人は、「自分がその病院に対してどう貢献できるのか」という点にまで話を広げます。

患者さんが求めていることを感じ取る敏感さは、実際に仕事をする上でも不可欠な能力。
相手の立場に立って考えられる人は、どこの職場でも重宝されるでしょう。

精神的なタフさが感じられる人

過酷な医療の現場では、激務をこなす体力があることはもちろん重要ですが、
厳しい状況に負けない精神的なタフさもまた必要です。

過去に苦しい状況をどうにか好転させたエピソードなどがあれば、是非アピールしましょう。
自ら考え行動し、問題を解決できる能力は、臨機応変な対応が必要な医療の現場で求められる力です。

真摯さ・一生懸命さを感じられる人

最後にものを言うのはやはり、「この病院で働きたい!」という熱意です。
緊張のあまり、話が多少たどたどしくなっても焦ることはありません。

採用側は、話が上手な人を採りたいわけではないからです。
面接官の目を見て、一生懸命答える姿勢を見せましょう。

また、不明点、確認しておきたい点を積極的に質問することも、
働きたいという熱意をアピールする一つの方法です。

「この人と一緒に働きたい」と思わせられれば、内定はすぐそこ!
ご紹介したポイントを押さえて、自信を持って面接に臨みましょう。

1人が、この記事が参考になったと言っています。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ