【看護師のリアル転職体験談 17】ブラックな病院→一般病院の看護師へ

1.あまりの就業環境の悪さに耐え切れず、転職を決意

今回は私にとって2回目の転職でした。最初のときはキャリアアップを計ろうと、地域の中核病院に転職をしました。400床以上もあるそこそこ大きい病院だったのですが、マネジメントが良くない病院でした。

いわゆるブラック企業ならぬブラック病院だと思っています。コスト重視で、残業だらけです。もちろんサービス残業のただ働きです。夜勤入りでも9時まで帰れないことなど日常茶飯事でした。年休を取得しようなんて、夢のまた夢というような病院です。

そんな病院ですから人間関係も良いとはいえず、誰もがギスギスした感じで、仕事の環境ははっきり言って最悪でした。それでも、そんなことに負けてはいけないと、患者さんのためにがんばっていましたが、そのうち、精神的に耐えきれなくなってしまい、結局、また転職をする決意を固めたのです。

今になると、どうしてあのような病院にしがみついていたのか、もっと早くに転職をすれば良かったと思います。今の職場が100%満足する職場というわけではありませんが、気持ちよく仕事ができるという点においては何事にも代えがたいと思っています。

2.前の医院を退職してから、新しい医院に転職するまでの流れ

STEP1:仕事を辞める

残業漬け!年休なし!と仕事に明け暮れる毎日でした。仕事が忙しくても残業代がきちんと支給され、上司からの温かい言葉があれば、気持ちを切り替えることもできたかもしれません。そういったことは一切なく、私たちが必死に働いているなかでも、平気でお茶会ができるような師長たちでした。

自分は何のために働いているのかという自問自答に答えが出ず、とにかく心が崩壊寸前だったので、仕事を辞めることにしました。もちろん、上司には嫌味を言われましたが、去っていく身なので歯を食いしばって耐えました。

STEP2:転職エージェントに登録する

前回の転職は自分で見つけて、とんでもない病院に引っかかってしまったので、今回は看護師専門の転職エージェントを利用してみることにしました。もしかしたら、病院の内部の詳しい情報ももらえるかもしれないという期待がありました。

以前に看護師を同じ病院に紹介したことがあるのであれば、その方にコンタクトをとってもらえれば、病院内の情報も手に入るはずと思ったからです。

STEP3:要望に合った転職先を紹介してもらう

まずは、自分の希望をしっかり伝えました。かなり細かい希望までお願いしたように記憶しています。もちろん、全てが自分の希望通りにいくはずはありません。あとは、担当者の方と話し合いながら、譲れるところと、譲れないところで、少しずつ病院を絞っていきました。

STEP4:面接をして決定

最終的に面接の段取りをとってもらいました。顔合わせという感じです。このときに、自分の経験や希望の科を伝えておきました。前の病院については、全てを話してはいませんが、嘘はつけません。

残業が多すぎてプライベートの時間がほとんど取れなかったので、転職をすることにしたというように話をしました。面接のあと、すぐに採用を決定してもらえたので、翌週から仕事を開始しました。

3.転職してみて感じたこと

転職をするのは不安だと思います。けれど、もし仕事の環境が悪くて悩んでいるのなら、勇気を出して欲しいです。次に見つかる職場が必ずしも環境の良いところだとは限りません。思い通りの職場が見つかるかどうかなんて、半分は運だと思います。

だからこそ、我慢をする必要もないと思うのです。勤務年数が短くても、それなりの理由があれば、多くの職場は理解してくれるものです。転職の半分は運ですが、情報収集は大事です。怠ってはいけないと思います。転職前にできるだけ多くの情報を集めておいた方が、選択肢は広がりますし、失敗の可能性も減ります。

ただ、外から入る情報の全てが本当であるとは限らないことを頭に入れておくべきです。ホームページに載っていることも美化されていることが少なくないと思います。例えば、残業代は出しますという話でも、実際にはスタッフの誰も残業時間をつけていないと、新しく入ってきた人間としては残業をつけにくいというものです。

今回は、私は転職エージェントを利用して、いろいろ聞きながらできるだけ慎重に選んだつもりです。その甲斐あってか、結果には満足しています。

4.転職してみて「良かったこと・悪かったこと」まとめ

◎良かったこと(1):希望する科へ転職できた

まずは希望通りの科に転職がかなったことに感謝です。前の病院では希望の科への移動がかなわず、ずっと不満に思っていながらも、辞める一歩が踏み出せませんでした。しかし勇気を出して転職してみると、意外に上手くいくものだと思いました。

◎良かったこと(2):人間関係が良いので働きやすい

前の病院はサービス残業をするのが当たり前で、そんななか上司である看護師長たちは座談会をしている始末。全てを下の者に押し付けて、問題があっても知らん顔。病院全体の雰囲気が悪かったです。

今の病院でも残業をすることはありますが、納得のいく範囲内です。スタッフの関係は良好で、とても働きやすい職場です。

◎良かったこと(3):休日が増えた

休みがきっちりもらえるのと、年休が取得できるという当たり前の制度が嬉しいです。土日は交代で休みをもらえるので、看護師でない古い友人と遊びに出かけたりできるようになりました。以前の病院では、たまの休日は疲れをとるために、寝て過ごすことが多かったので、大違いです。

◎良かったこと(4):自分の時間が増えた

前の病院のように、毎日が夜遅かったり、へとへとになって帰宅したりしないので、プライベートの時間を楽しむ余裕ができました。実際に休日も増えたので、休みの日には料理をしたり、本を読んだり、ショッピングに出かけたり、仕事を忘れてリフレッシュできます。リフレッシュができると、また仕事をがんばる気持ちにもなれるので、好循環だと思います。

◎良かったこと(5):給料がアップ

少しですが給料も上がりました。というか、前の病院が安すぎただけかもしれません。楽しく仕事ができて、休みも増えたのに、給料が上がったのですから、文句が言えるはずがありません。

△悪かったこと(1):キャリアアップが厳しい

希望をした科に配属してもらえたことはありがたいのですが、キャリアアップは難しそうです。内科であるということもあるのですが、スキルアップができるような処置がほとんどありません。

△悪かったこと(2):正当に評価してもらえない

主任や師長に昇進している人たちを見る限り、正当に評価をしているのか疑問です。しっかりしたベテラン看護師がただの看護師をしていて、口ばかりの看護師が昇進したりしています。上の者に上手く取り入ったものが勝ちなのかとがっかりして、仕事のモチベーションが下がってしまいます。

5.心の病に罹ってからでは遅い!人間関係や残業の多さに悩んでいるなら転職!

人間関係が悪いとか、残業が多すぎるとか、仕事環境が良くないという状況で働いていると、体への負担も大きく、心がどんどん病んでいきます。私自身がそうだったのでよくわかります。私は本当にうつ病にかかりそうなぐらいにまでいきましたが、その手前で仕事を辞めたのが良かったのだと思います。

もし、人間関係や労働条件が悪いことで悩んでいるなら、迷わずに転職するべきだと思います。辞めるのが怖いのであれば、一度、転職エージェントに相談をしてみたらいかがでしょうか。きっと、良い返事をもらえて、希望が出てくると思います。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ