プリセプターの切実な悩み5選 その解決方法は?

新人指導に悩みはつきもの?

看護師として今の職場に来て3年ほどたち、新人看護師たちの初々しさにほのぼのしている方はいませんか。
プリセプターシップ制度を導入している職場では、3年目となると、新人看護師を指導するプリセプターに任命されることがあります。けれど、多くの人たちは、はじめから立派にプリセプターをこなせているわけではないようです。

もし今、あなたがプリセプターを担い、新人看護師たちの指導に悩んでいるのであれば、他のプリセプターも同じような悩みを抱えていることを知っておきましょう!

プリセプターのよくある悩み5選

プリセプターは、真剣にやればやるだけ、悩みが尽きないといわれています。
もちろん、その悩みを解決しながら、新人看護師と共に成長していけるもの。まずはプリセプターのよくある悩みを見てみましょう。


1.教え方が分からない

入職してから3年ほど経つとはいえ、まだまだ人に教える立場ではない、自分はプリセプターに向いていないと悩む人は多いようです。確かにいきなり先生になるのはむずかしいものですよね。

2.残業が増える
新人を指導していれば、当然自分の業務が後回しになることも。また、新人看護師がミスをした場合、指導や後フォローでどうしても残業になってしまうことも多々あるようです。

3.担当した新人看護師が辞めてしまった
自分が担当していた新人看護師が辞めてしまうというケースも。責任を感じてしまいますよね。

4.他のプリセプターと新人看護師と比べてしまう
基本的に1対1で行われるプリセプター制度。あの新人看護師は成長が早いから、プリセプターがよほど優秀なのだろうな、と自分と自分の担当する新人と比べてしまうことも。

5.厳しい?甘い?関係作りがむずかしい
新人看護師といっても、同僚として仲良くしたい。けれど、厳しく指導しなければ、成長しない。そんな2つのはざまで接し方に悩むプリセプターは多いようです。

プリセプターの悩みを解決する方法は?

このようなプリセプターの悩みは、多くの人が同じように感じているものです。

そんな中、考えられる有効な解決策としては、積極的に周りを頼って仕事を手伝ってもらったり、悩みがあれば相談したりすることが重要ではないでしょうか。

また、新人看護師に対して距離感が分からなくなったら、「共に成長しよう」という気持ちで接すれば、楽になるはず。

そして、新人看護師の気持ちが身に染みて分かる、今のあなただからこそ、できる気遣いとフォローをしてあげることが大切です。

新人看護師へどんな教育や指導をしていいのか分からないという場合、そもそも職場内の「教育・指導方針が明確でない」、もしくは「職場内の意思統一ができていない」ことが原因の一つと考えられます。

教育・指導方針が明確で、さらに病院内の意思統制が取れている職場への転職をご希望の方は、ぜひ「ナース人材バンク」へご相談ください。あなたが望む職場をお探しします。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ