面接で使える!ネガティブな退職理由の伝え方

面接官の印象を損ねない伝え方って?

面接でほぼ間違いなく聞かれる質問と言えば、「前職の退職理由を教えてください」。

正直に答えることが面接のポイント、とはいえ、ネガティブな退職理由をそのまま伝えるのは考え物。
「うちの職場に転職したいって言うより、前の職場を辞めたいだけでしょ?」と、面接官に、転職への後ろ向きの姿勢をマイナス評価される可能性があります。

でも、「他に退職理由なんて思いつかない」「嘘ついたらぼろが出そう」という方もいることでしょう。
そこで今回は、面接官の印象を損ねずに、ネガティブな退職理由を伝える方法をご紹介します。

人間関係、体調不良、忙しさ…3大ネガティブ理由の伝え方

いじめや人間関係のトラブルで辞めた

人間関係を退職理由に挙げることは、基本的にご法度。
「本人の性格や対人能力に問題があるのでは?」「うちの職場でも問題を起こされたら困るなぁ」
といった不安を、面接官に与えかねないからです。

他に適当な理由を思いつかず、やむを得ず人間関係に言及する場合は、あくまで淡々と、

・人間関係が複雑な職場で、それを理由に退職する人が自分以外にも複数いたこと
・周囲と協力して、チームワーク良く働きたいと思い退職したこと

という2点をまじえて話し、面接官を納得させましょう。

体調を崩して辞めた

腰痛や心の病などを退職理由として伝える場合、面接官にあまり良い印象を与えないことがあるようです。
既に完治しており、再発の可能性が無ければ、病気のことは伏せ、別の理由を伝える方が無難。
ただし、完治しておらず、業務に支障が出る可能性がある場合は、面接で伝えることをお薦めします。

【症状・診断結果・通院中かどうか・服用中の薬】について具体的に話し、応募先での業務に支障がないか、先方に判断を委ねましょう。
病気について了承した上で雇ってくれる職場なら、安心して働けるはずです。

忙しいから辞めた

どの職場にも、多かれ少なかれ忙しい時期はあるもの。
「忙しいから辞めました」と伝えた場合、「楽な職場で働きたいだけでは?」
と、面接官に仕事へのやる気を疑われる可能性があります。

「忙しい」にも色々な状況がありますが、例えば以下のような場合なら、

・残業が多いから辞めた→「メリハリある働き方をしたかった」
・委員会や勉強会が多くて辞めた→「看護業務に専念したかった」
・急性期のスピードについていけなかった→「患者さん一人一人のケアにもっと時間を掛けたかった」

などとポジティブに言い換えることで、前向きな退職だと面接官にアピールできます。

退職理由の伝え方に迷ったら

ここまで、「人間関係」「体調不良」「忙しさ」という3つの退職理由について、面接官にマイナスの印象を与えづらい伝え方をご紹介してきました。
しかし、皆さんの中には、ここでは挙げていない理由で退職した方も、多くいらっしゃると思います。

「私は給与の低さが不満で辞めたんだけど、どう伝えるべき?」
など、面接での退職理由の伝え方に迷っている方は、ぜひ一度、『ナース人材バンク』にご相談ください!

『ナース人材バンク』が誇るコンサルタント集団は、数多くの看護師を転職成功に導いた転職のプロ。
もちろん、ネガティブな退職理由の上手な伝え方も熟知しています。

退職理由が何であれ、一番大切なのは、転職に対して前向きな気持ちがあること。
「前の職場は辛かったけど、今度こそ、良い環境で働きたい!」
そんな皆さんの想いを叶えるべく、内定まで全力でサポートいたします。

この記事は参考になりましたか?


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ