おすすめ職場紹介:キレイになりたいお客様を応援!美容外科クリニック

美容外科クリニックのお仕事内容

今よりもっとキレイになりたいと願う方の夢を叶える、美容外科クリニック。
お客様の夢を実現するために、看護師はどのようなお仕事をするのでしょうか?

主な仕事内容は、手術介助や注射、医療器具の滅菌・洗浄といった医療行為。
クリニックによっては、電話予約の受付や接客を看護師が行う場合もあるようです。

手術介助と聞くと、「オペ室での経験が必要なのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、プリセプターの指導の下、介助補佐や処置見学などの研修をじっくり行う職場も多いので、未経験者も心配無用。

ただし、看護師としての経験があまりにも短いと、現場のスピード感についていけない可能性も。
病棟経験が2~3年程度あり、注射や点滴など基本的な手技が一通りできる人が望ましいようです。

また、美容外科クリニックでは、来院される方を、「患者様」ではなく「お客様」としてお迎えするため、丁寧な言葉遣いや声のトーン、明るい表情といった接遇も重要視されます。

美容外科クリニックで働く3つのメリット

夜勤なし!規則正しく生活したい方に◎

美容外科クリニックでは夜勤がなく日勤のみで働けるため、夜勤で体調を崩した経験がある方や、規則正しい生活を送りたい方にはピッタリ!残業が多めの職場でも、20~21時には帰れる場合が多いようです。

報奨金で給与アップの可能性も!?

月の売り上げ目標を達成すると、給与や賞与以外のプラスアルファとして、スタッフに報奨金(10万円以上の所も!)を支給するクリニックもあるようです。報奨金制度があり、安定的に売り上げを伸ばしているクリニックなら、大幅な給与アップも夢じゃないかも!

割引制度を活用すれば、働きながらキレイになれる♪

従業員割引制度を取り入れているクリニックでは、3~5割引で施術を受けられたり、化粧品を従業員価格で購入できるようです。こうした特典を活用し、どんどんキレイになっていくスタッフも多いとか。

美容外科クリニックで働く3つのデメリット

一般病院への転職が難しい

美容外科クリニックでは、一般病院で働く場合ほど難しい医療行為や知識が必要とされません。そのため、美容外科クリニックで長く経験を積んだ方ほど、一般病院へ転職したいと思ってもスキル不足とみなされ、なかなか内定できずに悩むケースが少なくないようです。

営業ノルマがある場合も

クリニックによっては、化粧品の販売ノルマや、施術の契約ノルマをスタッフに課している場合も。
ノルマを達成できず、職場にいづらくなり、退職してしまうスタッフもいるようです。

土日祝出勤の職場が多い

美容外科クリニックは、土日祝も営業している所が多く、カレンダー通りの休みが取りにくい場合も。「他職種の友人と休みを合わせたい」「子供の学校行事に合わせて、土日は休みたい」という方には、融通がききづらい職場と言えるでしょう。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ