おすすめ職場紹介:一生モノのスキルが身に着く!透析

透析で働く3つのメリットとは?

  • 「遅くても準夜勤まで」
  • 「手当が出るから高給与」
  • 「特殊性が高くてつぶしがきかない」
  • 「患者さんとの関係構築が難しい」

透析科で働くことに対して、看護師はこういったイメージを抱きやすいようです。
ここでは、看護師が透析の仕事をする3つのメリットと、求人の探し方を解説します。

【メリット①】日勤のみでも年収400万円~

透析の仕事は、透析装置の操作や穿刺など、熟達するまでに時間がかかる、特殊なスキルが必要。

多くの職場では「透析手当」や「スキル手当」といった手当を支給しています。
金額は1万~5万円程度で、金額は職場によって異なり、全く出ない場合もあるようです。

透析科で働く看護師の平均年収は、400万円前後。
手当が加算される分、日勤常勤の看護師の平均年収(350万円程度)よりも高額な場合が多いようです。

【メリット②】「遅くても準夜勤まで」/日曜固定休の職場が多い

透析の仕事の多くは、日勤と準夜勤のシフト勤務です。
一般的な深夜勤がある職場と比べて、生活のリズムが整えやすい点は魅力的。
また、日曜日が固定で休める職場も多いため、家庭やプライベートとのバランスを保ちつつ、収入も確保したい方にはオススメの職場と言えるでしょう。

【メリット③】透析ならではの能力が身に着く

透析は、穿刺などの確かな技術や、様々な疾患の知識、患者への指導能力などが必要な仕事です。
また、医師や技師、一生続く透析によるストレスを抱える患者と、良い関係を築くための、コミュニケーション能力も求められます。

透析看護師として一人前になるためには、透析に看護師人生をかける覚悟が必要、という話も。
それだけ専門性・特殊性が高く、経験や知識の不足が患者の命に関わりやすい仕事なのでしょう。
しかし、透析をマスターするために寸暇を惜しんで勉強した経験や、様々な人との信頼関係を築く対人能力は、たとえ透析の現場を離れたとしても、次の職場できっと活かせるはずです。

透析の求人を探すには?

今や透析患者は30万人を超え、毎年約1万人のペースで増え続けています。

そうした傾向ゆえ、病院の透析科や透析クリニックでの看護師求人はどんどん増えているようです。
透析未経験の方には、はじめの一歩から丁寧に指導してくれる職場もあるのでご安心を。

透析手当の額や職場の雰囲気、教育制度などを詳しく知りたいなら、人材紹介会社の利用がお薦めです。
各エリアに精通したコンサルタントから、求人情報に出ない内部情報もお伝えすることもできます。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ