外来看護師の役割について

新人の外来看護師、悩んでます

ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』の掲示板に、ある質問が投稿されました。

投稿主さんは、今年4月から働き始めた新人ナース。
小さいお子さんがいらっしゃることもあり、外来勤務となりましたが、

  • 「外来は、毎日何十人と患者が来て、それを上手くさばき、診療の介助をし、ドクターと上手くコミュニケーションを取り患者に寄り添う役目だと思っています。
    私は、知識もないためドクターとも上手く会話できず、介助もできず、忙しくなるとドクターに八つ当たりされます。また、ドクターの指示も上手く理解できません。
    患者のアセスメントもどこをどう見たらよいのか分からず困ってます」

と、壁に突き当たり、外来で働く先輩ナースにアドバイスを求めた投稿主さん。
皆さんから寄せられたコメントの要素をまとめ、2つのポイントにまとめました。

分からないことは逐一質問する

  • 「兎にも角にも、他のスタッフの人にたくさん聞くこと。
    『○○の症状があります』と患者さんが訴えた時に、先輩たちが一番最初に何をするのか、どういうところを掘り下げて聞くのか、トリアージのためにどういうモニタリングをするのか・・・」

疑問を一つずつ解消することで、自信を持ってできることが徐々に増えていくはずです。
「指示されたことの意味が分からない」と、慌ててしまうことも防げるでしょう。

また、外来では患者さんとあまりゆっくり話せず、「後で調べておきます」が通用しない、との意見も。
患者さんからの質問にすぐ答えられるよう、疑問を疑問のまま放置せず、幅広い知識を日々吸収する姿勢は、外来勤務の看護師にとって重要なポイントと言えそうです。

1日の流れと自分の役割を把握する

  • 「先ず流れを把握します。次に自分の役割を把握します。そうすると他を見る余裕が出来ます」

外来勤務の看護師が行う業務は、診察準備や受付業務、患者への問診、医師の介助など多岐にわたります。
また、時には具合の悪い患者さんの順番を早めるといった臨機応変な対応も必要です。

沢山の業務をこなすとなると、「次に何をしていいか分からない」と混乱してしまうこともあるでしょう。
1日の流れと、その中で自分がするべきことを大まかにイメージすることで、混乱を防ぎ、余裕を持って仕事に臨みやすいようです。

↓掲示板をチェック!↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「外来看護師の役割について」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ