【復職したいナース必見!】ブランクのある看護師が就職先を選ぶコツ


結婚や出産を機に退職した看護師が復職を考えるとき、ネックとなるのがブランクの長さです。たった数年でも変化が著しい医療・看護の世界では、ブランクが長くなるほど「現場について行けるだろうか」と不安が強くなり、復職を躊躇してしまいます。今回はそのような不安を解決するためのヒントとして、復職を考え始めたらやっておきたいことや職場探しのコツなどをご紹介します。

まずは情報を集めよう

日進月歩の医療・看護界では、数年の間に職場のIT化が急速に進んだり、従来の常識が変わったりすることがあります。復職を考え始めたら、まずは最近の医療・看護の動向や、通勤可能なエリアにどのような施設があるのか調べてみましょう。

民間の求人サイトをチェックしてみる

看護師向けの求人サイトに登録しておくと、希望条件に合った求人が出た際にいち早く情報をキャッチできるうえに、就職活動の際には病院や施設側との間に入ってさまざまな調整・交渉をしてもらえます。ブランクが長く、復職に向けて不安が強い方にとっては非常に心強い存在となるでしょう。もちろん、これらの情報提供やサービスは無料で利用できます。

最寄りの看護協会・ナースセンターで情報を集める

全国には47都道府県ごとに看護協会があり、さらに各看護協会指定の「ナースセンター」が必ず1つ設置されています。ナースセンターは無料の職業案内や再就業支援研修などを行なう施設で、近年の医療・看護に関する情報提供や、最新の看護知識・技術の習得ができるように各種研修を開催しています。また「eナースセンター」という情報サイトでは、わざわざ看護協会やナースセンターに足を運ばなくてもネット上で最新の求人情報をチェックすることができます。

看護師仲間に最近の状況を聞いてみる

学生時代の友人や前職場の同僚など、看護師仲間に最近の看護業界について教えてもらうのもひとつの手です。現場のことは現役看護師が一番理解していますので、復職をするうえで不安なことがあれば相談してみると良いでしょう。

ナース人材バンクで復職可の職場を探す>>

希望の働き方を明確にしよう


復職する際には勤務時間や給与といった条件だけでなく、自身のキャリアやスキルアップ、家事育児との両立などを考える必要があります。自分に合った職場を見つけるために、まずは「自分はどのように働きたいのか?」を明確にしておきましょう。

なぜ復職したいのか?

復職を考えるときに大切なのが、「何のために働くのか?」という目的です。「収入を増やしたい」「スキルアップしたい」など、再び看護師として働くには何か理由があるはずです。ここを曖昧にすると、仕事が単なる「つらい作業」になってしまいます。復職後に「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないためにも、「なぜ働きたいの?」と自分の気持ちにしっかりと向き合いましょう。

絶対に譲れないポイントを明確にしておく

ブランクを経て復職をする方の中には、「子供が小さいので残業はできない」「ゆっくりと現場の感覚を取り戻したい」「慣れるまでは半日だけ働きたい」など、家庭の事情や個人の希望を考慮してもらえる環境で働きたいという方が多くいます。このような「絶対に譲れないポイント」を明らかにしておくことも、自分に合った職場を見つけるためには非常に重要なことです。

職場選びのポイント

では、実際に職場選びで注意すべきことは何でしょうか?ここからは、必ずチェックしておきたいポイントををいくつかご紹介します。

教育体制が整っているか

ブランク看護師の多くが、久しぶりの職場復帰を前に「現場について行けるだろうか」「医療ミスをしないだろうか」といった不安を感じるはずです。そのような状況で「経験者ならこれくらいのことはわかるだろう」と、いきなり即戦力として期待されるほど辛いことはありません。職場選びをする際には、中途採用者に対する支援体制が整っているか、教育プランや研修内容などをチェックするようにしましょう。

職場の雰囲気はどうか

仕事の悩みのほとんどは、人間関係に原因があると言われています。職場風土やスタッフの雰囲気、コミュニケーションの良し悪しというのは、実際に現場に入ってみないと分からりづらい部分ではありますが、もし可能であれば希望の部署を見学させてもらい、スタッフの働く様子を実際に見てみると良いでしょう。求人サイトの口コミをチェックするのもひとつの手です。

ナース人材バンクで復職可の職場を探す>>

家庭との両立は可能か

子育て中や親の介護をしている方にとって、職場の理解なしに家庭と仕事の両立は不可能です。職場の福利厚生を確認するとともに、子育て支援や職場環境改善への取り組みが具体的にどうのような形で行われているか、時間外労働や休暇取得率などの実績を質問してみるのも良いでしょう。

これまでの経験を活かせるか

ブランクのある看護師にとって、復職でいきなり未経験分野に飛び込むのはかなり勇気のいることです。これまでの経験やスキルを整理して、「自分の強み」を活かせる職場探しをすることがスムーズな復職につながります。もちろん未経験分野にチャレンジするのもOKですが、そのような場合はとくに教育体制や職場環境がしっかり整ってるかをチェックするようにしましょう。

復職・職場探しは計画的に

スムーズな職場復帰を果たすためには、事前の情報収集がとても重要です。求人サイトを上手に利用するとともに、看護協会や看護師仲間のネットワークを駆使して情報を集めましょう。また、少子高齢化とともに医療・介護分野ではますます看護師の需要が高まっています。看護師という素晴らしい仕事を長く続けるためにも、ぜひ自分にピッタリの職場を見つけてください。

■この記事を書いた人:遠藤愛(えんどうあい)
関東の病院で外科・内科・地域包括ケア病棟、地域連携室に勤務。
その後、介護施設、訪問看護に従事。看護学校での外科看護臨時講師の経験あり。

この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ