看護師の時計!おしゃれ?機能どっちとる?

看護師にとって必須アイテムの1つである時計。機能は重視したいし、おしゃれにも見せたい。時計は頻繁に買い替えをしないので、慎重にも選びたいですよね。自分に合った時計を見つける参考にしてみてください。

腕時計派?ナースウォッチ派?

最近では、作業を行ううえで不便な場合があるため、腕時計を禁止する職場も増えてきました。そうすると、ナースウォッチから選ぶことになりそうですが、まだ腕時計もOKという職場もあります。腕時計、ナースウォッチ、それぞれのメリットとデメリットについて考えてみます。

腕時計のメリットとデメリット

●腕時計を使用するメリット
最近は腕時計をしないという人も増えていますが、時間を知るためには腕時計をするのが一般的です。腕に時計があるということで、いつでも正確な時間がわかり、便利です。看護師は仕事の前には白衣に、仕事が終わったら私服に着替えます。腕時計なら着替えの時にわざわざ付け外しをする必要がありません。

また、おしゃれにこだわりたい人にとって、腕時計は個性を表す重要なアイテムであることも。気分や洋服によって腕時計を変えるという人も少なくありませんから、看護師の仕事でも腕時計にこだわりたいという人がいても納得です。

●腕時計を使用するデメリット
看護師の仕事をするうえで、好きな腕時計を選べるわけではありません。手洗いが多い看護師にとって、防水機能付きであることは必須です。手洗いのたびに、時計を外す面倒なことはできないため、時計をしたまま、腕まで手洗いが基本です。

看護師に時計が欠かせない理由の一つが、脈拍測定や点滴の滴下チェック。そのときに、秒針がない時計は意味がありません。秒針のない腕時計は意外と多いため必ずチェックしましょう。

最後に、万が一、患者さんに接触した時のことを考えると、素材やデザインも無視できないでしょう。手洗いを考えると、革製ベルトの時計は避けたいですよね。仕事で使う腕時計を選ぶ時に、100%デザインだけで選ぶことができないというデメリットがあります。

ナースウォッチのメリットとデメリット

●ナースウォッチのメリット
看護師のために作られた時計なので、看護師が使いやすく作られていることが多いです。画面が逆さになっているので、白衣につけても読みやすく、もちろん秒針がついています。脈拍を測定した後に計算をしなくて済む機能や暗い所でも光る機能がついているものもあります。値段が手ごろであるのも嬉しいポイントです。

●ナースウォッチのデメリット
看護師を対象にした商品なので、デザインが限られています。キャラクターものやシックなデザインのもの、と少しずつ増えてきてはいますが、腕時計に比べるとどうしても選択肢は狭まります。

また、白衣につけたり、白衣のポケットにしまったりして使うものですから、白衣を洗濯するときには取り外す必要があります。もしかしたら、胸元につける時計の重みを不快に感じる人がいるかもしれません。

腕時計派へ~おすすめの腕時計~

やっぱり腕時計が便利だと感じている人におすすめの腕時計2つです。

その1 Gショックは看護師の定番

看護師に人気の腕時計というと、Gショックです。デザインの良さが一番の理由でしょう。水を気にすることなく手洗いができるのはもちろん、秒針があるものを選べば、点滴や脈拍測定時も問題ありません。女性の時計としては大きめのイメージがありますが、バンドがソフトなゴムでできているので、万が一患者さんにあたっても傷をつけにくいといえます。

その2 人気上昇中のスマートウォッチ

防水タイプのスマートウォッチを使用している看護師も増えています。昔は万歩計を持ち歩いている看護師が多くいましたが、スマートウォッチがあると消費カロリーや自分自身の脈拍までわかります。秒針がなくても、タイマー機能を利用すれば、滴下を調整したり、患者さんの脈拍を測ったりもできます。アラーム機能も付いていることが多いので、仕事のうっかり忘れ防止にも便利です。デザインは凹凸のないものが多いので、感染源にもなりにくく、他人にぶつけて皮膚を傷つける心配も少ないです。

ナースウォッチ派へ~選び方のポイント~

ナースウォッチというと、機能はよく考えられているけどデザインが…と思っている人が多いかもしれません。しかし、最近ではナースウォッチの種類も増えているので、好みのものが見つかる可能性も大です。選ぶ時のポイントを幾つか紹介します。

クリップ式?針固定式?それともスプリングバネ?

ナースウォッチは腕でなく、白衣につけて使用する時計です。どのように固定をするかが問題です。クリップで取り付けるナースウォッチは、取り外しの簡単さがメリットです。針で固定をすると取り外しは少々面倒でも落としてしまう心配がありません。なかにはポケットにしまっておいて、必要時にだけ取り出して見るスプリングバネやチェーンのものもあります。バネやチェーンは長く伸びるので、滴下数を確認するときには便利ですよね。

重さもチェック

ナースウォッチは胸のポケットに取り付けている看護師が多いと思います。購入時には重量にも気をつけてください。あまりに重いと、ポケットがたるんでだらしなく見えることも。見た目だけでなく、右と左でバランスが異なることが気になることも考えられます。つけたいところと、重さを頭に入れて購入することが大事です。

嬉しいプラスアルファーの機能

ナースウォッチの種類もかなり増えてきたので、プラスアルファーの機能を備えて他と差をつけているものがあります。

●蓄光機能
暗い場所でも光るので夜間の点滴確認時には便利です。
●脈拍数計算尺
16×4や、19×3の脈拍の計算が面倒な人に向けたもの。計算をしなくてすみます。
●電波式
電波式だから毎日自動的に時間を修正してくれるので、常に正確な時間が知りたいという人にはおすすめです。

時計は長く使うものだから自分に合ったものを

看護師にとって時計は必需品です。腕時計でもナースウォッチでも、ポイントを押さえていれば、失敗することなく買い物ができると思います。仕事の時に使うものなので、妥協はしないで、じっくり探してください。小さなことのようですが、気に入ったものに囲まれて仕事ができるというのは、やっぱり気持ちが良いものですよ。

この記事を書いた人:マーシー
日本でナースとして働き、長年の夢であったオーストラリア移住を夫婦で果たす。
オーストラリアで3人の子供を出産し、今はライターとして、健康記事や美容記事を中心に執筆活動中。

この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ