アンケートから見えた 理想の転職スケジュール

1月→3月→4月とは?

弊社が1000人あまりの看護師を対象に行ったアンケート「転職先決定までのタイミングについて」では、【新しい職場が決まった月】【退職した月】【新しい職場に入職した月】の3つの質問への回答を募集しました。
その結果、それぞれ最も多くの回答を集めた月同士をつなげると、以下のような転職スケジュールが見えてきました。

  • 【新しい職場が決まった月 第1位】1月
  • (11月~12月から動き始めて1月に内定獲得)

  • 【退職した月 第1位】3月
  • (退職する3月までの約2か月間、引継ぎなども余裕をもって行える)

  • 【新しい職場に入職した月 第1位】4月
  • (3月に後くされなく退職、4月からは新しい環境で新しい私!)

4月入職をゴールに設定し、そこから逆算して転職活動のスケジュールを立てている人の多さを物語る結果です。
この記事では、1月に内定を得ることのメリット、そして4月入職の強みを詳しく解説。
1月→3月→4月というスケジュール設定が王道である理由をご説明します。

カギは1~2月の内定にある

意外にも、1月は4月入職に向けての採用活動がピークを迎える時期。
1年の中で最も多く求人が出回るため、人気の病院や希少求人にも選択肢を広げることができます。
しかも冬のボーナスを受け取ってから退職できるという点も魅力的。
ちなみに1月ほどでありませんが、2月も求人が多い状況はまだ続いています。

退職までの余裕が必要

退職の申し出は、法的には「退職する2週間前まで」ですが、引継ぎやシフトの調整、自分以外の転職希望者との兼ね合いも考えると、申し出が早いほどスムーズな退職につながりやすいと言えます。
次の勤め先が決定していれば安心して退職を申し出ることができますし、4月入職予定なら、1月の時点で3月の退職までに2か月以上の期間があるため、希望日にきっちり辞められる可能性がぐっと高まります。

4月入職の大きなメリット

さて、【新しい職場に入職した時期】として最も多くの方が挙げた4月ですが、果たして4月入職のメリットとは何でしょうか?
まず言えることは、「同期が多いこと」。
4月入職者はやはり数が多いため、同じタイミングでスタートする仲間が多くなります。
転職には不安がつきもの。そんな時、お互いに支え合える同期の存在は貴重です。
そしてもう一つのメリットは、「入職時オリエンテーションを受けられること」。
入職者の多さゆえ、病院側が研修体制をしっかり整えている場合が多く、中途採用であってもしっかりオリエンテーションを受けられる可能性が高いのです。

4月入職のチャンスは3月まで

「もう遅い!?」と焦ったあなた、実は3月頃まで4月入職の求人は出回っており、3月に内定をもらい、4月に駆け込みで入職する人も少なくありません。
しかし、3月ともなると人気のある病院の求人はほぼ充足しているので、選択肢を広げられず、妥協の転職になることも。
早めの動き出しがカギであることは間違いありませんが、桜咲く前の今ならまだ、間に合います!


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ