「オペ看は病棟で使えない」?! 賛否両論あり!

病棟とはそもそも異なる「オペ看」のお仕事

主にオペ室で働く「オペ看」。どうやら「病棟では使えない看護師」という認識がされることがあるようです。
オペ室で働く看護師は、病棟では得られない知識や技術、経験を積むことができるという点で、病棟とはそもそも異なる仕事です。そのため、オペ室から病棟へ異動して、すぐに病棟でなじむのは誰でもむずかしいのではという意見も。
看護師コミュニティ「ナース専科」では、この「オペ看は病棟では使えない」説について、賛否両論の声が挙がっていました。

オペ看は病棟で使えない?!

オペ看は、看護業務の機会がないため、病棟に異動したときはまるで使い物にならないといわれることがあります。

実際に、オペ室勤務から病棟勤務へ移った人たちは、次のように語っています。

まず、多くの方に共通していたのは、「オペ看に看護がないというのは嘘」だということ。手術を前にして、緊張と不安にさいなまれている患者さんをいかにリラックスさせられるかということは、常にオペ看に求められる重要な看護業務だといいます。

オペ看本人も自覚している理由とは?

しかし、オペ看から病棟へ移った当人たちの中には、「使えない」という評価について、そのとおりだと認める声も。実際、異動した後に、新人が当たり前のように知っていることでも忘れていることがある、食事介助に自信が持てない 採血が下手、と自覚している人もいました。病棟での業務は、オペ室での経験はほとんど意味がないとまで語る人も。

異動の順序についても「『病棟→オペ室」のほうが患者さんとの接し方もうまくなるのでは?」という意見や、オペ室では「患者さんの状況を推察する能力は育ちにくい。メンタルや既往歴しか重視しないので、メンタルや患者さんの背景、手術が患者さんにとってどんな意味があるのかまで考える人が育ちにくい」という意見も出ていました。

オペ看にも看護業務はある!使える・使えないは考え方次第

一方、「オペ看が病棟で使えない」ということに対して、反論する方も多くいました。

例えば、オペ室と病棟では、そもそも業務内容が大きく異なるため、同じ土俵で考えること自体が間違っており、すぐに適応できる看護師は皆無なのではないかという意見がありました。オペ室はスピード感があり、急変時対応の頻度が病棟とは比較にならないといいます。

また、オペ室でも看護は必要不可欠であることは、みなさん共通して語っていることでした。

オペ室から病棟へ移った後のメリットとしては、病態に強くなることで自信がつき、医師に意見が言えることなどが挙がっていました。そして、「患者さんを思う気持ちがあれば、病棟で元オペ看が使いものにならないなんてことは全く思わない」という貴重な意見も出ていました。

どこに行っても看護師は看護師!

このテーマについて、みなさんはどのように感じましたか?
これから看護師業務につく人、病棟にいてオペ室を志望している人、オペ室にいて病棟を志望している人、急な異動で戸惑っている人など、いろいろな人がいることでしょう。

それぞれの思いがあるかと思いますが、どこへ行っても「看護師」であることには変わりありません。自分にとって「看護師」はどのようであるべきかという確固たる考えを持つことが大前提になりそうです。

看護師として他の勤務場所を希望している方は、「ナース人材バンク」へお気軽にご相談ください。病棟勤務であってもオペ室勤務であっても、あなたに最適な職場を探すために尽力します。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ