ナース人材バンク
ナース人材バンク 転職のノウハウ 面接時の基本マナー

面接時の基本マナー

転職をする上で避けては通れないのが面接です。どんな質問をされるか、しっかりとした受け答えができるかなどを気にしがちですが、それ以上に面接担当者はあなたの「振るまい」を見ています。「信頼できる」「ぜひうちに来てもらいたい」と思ってもらうためにも、面接時の基本マナーをもう一度確認しておきましょう。

面接前の準備と心構え

面接前の準備と心構え

いよいよ面接当日。バタバタと慌ただしい状態では、忘れ物や遅刻といったトラブルを招きかねません。事前準備を整え、余裕をもって面接会場に向かいましょう。

持ち物の確認

前日までに準備を済ませ、当日出かける前に改めて確認するようにします。面接に必要な書類・筆記用具・面接会場までの地図は必ず持参し、その他面接先から指定された持ち物も確認しましょう。エチケットとして、携帯電話をマナーモードにしておく、女性の場合は予備のストッキングを用意することも忘れずに。

交通手段・所要時間の確認

電車の遅延や交通渋滞も考えられるため、面接会場までの交通手段や所要時間を再度確認しておきます。約束の10分前には会場に到着できるよう、余裕のあるスケジュールを組みましょう。

服装・身だしなみのチェック

スーツやシャツにしわ・汚れ・ほつれがないかチェックし、ヘアスタイルやメイクを整えて、清潔感のある装いを心がけましょう。

いざ面接へ!面接会場到着〜面接本番・退室まで

いざ面接へ!面接会場到着〜面接本番・退室まで

無事に面接会場へ到着。すでに面接は始まっていると心得て、マナーある振る舞いをしましょう。

受付をする

面接会場に到着したら、まずは受付の人に「△時から面接のお約束をしている〇〇と申します。(面接担当者がわかっている場合は)⚫⚫様をお願いいたします」と伝えましょう。

待合室でのマナー

待合室に案内されたら背筋を伸ばして椅子に座り、名前を呼ばれるまで待機します。携帯電話の電源をOFF・もしくはマナーモードに設定しているか再度確認しましょう。

入室時のマナー

名前を呼ばれたら「はい」としっかり返事をします。ドアを軽く3回ノックし、「どうぞお入りください」と返答があったらドアを開けましょう。「失礼します」と軽く一礼して入室し、椅子の横に立ち「〇〇(名前)です。本日はよろしくお願いいたします」と言って丁寧にお辞儀をします。「どうぞおかけください」と促されたら、「失礼します」と言って着席します。手荷物は足元に置きましょう。

待合室と面接室を兼ねている場合は、面接担当者が到着するまで椅子に座って待機します。担当者が入ってきたらすぐに起立し、上記の挨拶をしましょう。

面接の流れ

看護師の転職時の面接には、基本的な流れがあります。

  1. ①自己紹介(氏名、就業中の場合は病院名・配属部署など)
  2. ②これまでの経歴・志望動機・質疑応答など
  3. ③面接担当者から、施設の特徴や採用になった場合の業務内容について説明を受ける
  4. ④面接担当者への質問

このような流れが多いので、事前にシミュレーションしておくと安心です。

退室時のマナー

面接担当者より面接終了が伝えられたら起立し、椅子の横に立って「本日はお忙しいところありがとうございました」と言って丁寧にお辞儀をします。忘れ物がないよう手荷物を確認し、ドアを開けたら面接担当者の方に向き直り、「失礼します」と一礼してドアを閉めましょう。

面接終了後、ホッとして気を抜いてはいけません。「会場を後にするまで見られている」という気持ちで、マナーある振る舞いを忘れないようにしましょう。

面接担当者にここを見られる!面接中の態度で気をつけること

面接の流れがつかめたところで、次は「面接担当者に好感を与える姿勢・態度」について具体的に見ていきましょう。

面接担当者にここを見られる!面接中の態度で気をつけること

姿勢

初対面の場合、服装と同じくらいあなたを印象づけるのが「姿勢」です。背筋をピンと伸ばし、美しい姿勢を心がけましょう。椅子の背もたれに身体を預けるのはNGです。猫背や、足を投げ出すような姿勢もマイナスイメージにつながります。

声の大きさ・トーン

挨拶や、受け答えをする際には次の点に注意しましょう。

ハキハキとした口調は明るく頼もしい印象を与えますが、声が大きすぎるのも考えものです。落ち着いた声のトーンで、ややゆっくりと話すと知的で落ち着いた印象を与えます。

視線・表情

顔や視線は常に面接担当者の方に真っ直ぐ向け、うつむいたり、キョロキョロしたりしないようにします。また、緊張していても笑顔を忘れずに。相手がしゃべっているときは、口を閉じてキュッと口角を上げ、相手の話にうなずく・相槌を打つなど真剣に話を聞いている態度を示しましょう。

話し方

自分の経歴を話したり、質問を受けたりした際は、「とくに主張したい内容」「質問への回答」を先に伝えるようにしましょう。日本人は経過や理由を先に述べ、結論を一番最後に話す傾向がありますが、冗長な説明は時間がかかるだけでなく聞き手を混乱させます。

「私は〇〇を得意としています。なぜなら・・・」と、結論を先に伝え、経過や理由はポイントを絞って簡潔に述べましょう。「えー」「あー」など、会話のつなぎ言葉を多用するクセがある方も注意が必要です。

逆質問はしたほうがいい?

面接担当者から、「何か質問はありますか?」と聞かれたとき、「とくにありません」と答えるのは避けましょう。「とくに質問がない」=「あまり興味がない」「こちらの話をしっかり聞いていない」と受け取られることもあります。面接中の会話の中で気になったことや、就職後に自分が挑戦してみたい分野など、前向きな質問をすると好印象です。

面接の流れやマナーを押さえておくと本番でも安心!

面接の流れやマナーを押さえておくと本番でも安心!

挨拶や入退室の仕方、姿勢や話し方といった基本的なマナーは、あなたの印象を大きく左右します。マナーは相手に不快感を与えない配慮の意味もありますが、あなたにも自信や落ち着きある雰囲気を与えてくれるからです。

また、病院でも介護施設でも、事前準備や面接の流れにそれほど大きな違いはありません。基本の流れを繰り返しイメージ&シミュレーションしておけば、本番でも慌てず安心して面接に臨めるはずです。面接成功に向けて、今回お伝えした内容を参考にしていただけると幸いです。

転職に関連する注目コンテンツ

リアル転職体験談

リアル転職体験談

様々な看護師さんの転職の理由や探し方、転職して、どうだったかなどを集めた記事となり、転職前に自分はどのような転職活動を行うのかを決める上で参考にできる体験談です。 一覧を見る
みんなの職場の悩み

みんなの職場の悩み

いろんな方の悩みを集めた記事になります。自分だけがそう思って溜め込んでいた人や耐えていた人に勇気を与えてくれたり、背中を押してくれます。 一覧を見る

ステップごとの活動ポイント

ナース人材バンクのご利用がはじめての方へ

あなたに合った好条件求人をご紹介します!