御嶽山から学ぶ災害看護師の仕事

災害看護師の役割とは

先日、突然噴火し、多くの死傷者が出た御嶽山。当時は、災害派遣医療チームの中で、看護師も活躍していたのをご存知ですか? 
当時、御嶽山で活動した看護師の仕事を通して、災害看護師の具体的な仕事内容やどのような精神状態で行うのかを知って、災害看護師のについて迫ってみましょう。

御嶽山での苦悩

長野県と岐阜県の県境にある御嶽山噴火した後、DMAT(災害派遣医療チーム)が、救護所でケアをしたり、トリアージをしたりと緊急救護に当たりました。DMATとは医師や看護師などによって構成されている災害の急性期に出動する医療チームです。

怪我人のケアはもちろんですが、特に必要とされたのは、無事に下山できた人や、行方不明になった人・死傷した人の家族の精神的なショックやストレスに対するケアでした。
突然の予期せぬ自然災害に、多くの人々の「精神的な支援」が必要になったのです。

参考になる!被災者の心に寄り添う工夫

後日開かれた研修会では、御嶽山で支援にあたった看護師が、実際に行った心のケア方法を語っています。その内容は、実に興味深いものです。

例えば、行方不明者の家族に対しては、積極的に働きかけるのではなく、できるだけ家族にとって「“黒子”になるように心がけた」というもの。さらに「心のケアでは環境整備が大事」というスタンスで仕事をした結果、環境が整うことで、安心感が生まれリラックスにつながったのか、“眠れない”“足が痛い”など、苦労話を打ち明けてくれた人が増えていったというものもあります。

また、「水回りの掃除から始めた」という看護師もいて、無理なく被災者の心に寄り添う工夫と配慮を行っていたことがわかります。

医療職のPTSDのケアも必要に

心のケアが必要なのは、被災者だけではありません。過酷な状況に置かれれば、看護師でもストレスやPTSDが残ることもあります。

御嶽山の噴火後の現場をはじめとして大震災などの被災地においては、あまりの被害の大きさに非常なショックを受ける看護師も少なくないようです。過酷な現場であればなおさら、災害看護師などの医療職の心のケアも必要になってきます。

また、このような医療職の心の支えとなったのは、災害時に各地から集められた看護師たちの存在そのものだったというケースもありました。

それは、東日本大震災の後のことです。日本看護協会によって「災害支援ナース」が東北各地に派遣されましたが、現地の看護師が派遣されてきた看護師たちに強い心の支えを感じたといいます。結果、不眠不休が解消され、体だけでなく精神的にも癒されたというエピソードもありました。

災害看護師になるには?

被災者だけでなく、同じ医療職である人々までも支援することのできる災害看護師。とても魅力的ですよね。このような災害時に活躍する看護師になりたいと思った方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

例えば大規模自然災害時に看護支援活動を行う日本看護協会の「災害支援ナース」は、都道府県看護協会の会員であることを条件に、実務経験5年以上、所属施設の所属長の承認、研修の受講などでなることができます。

人材紹介サービス『ナース人材バンク』でも、災害医療に関係する求人も取り扱っています。ご興味のある方は、ぜひお気軽にご相談ください。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ