扶養範囲内で働けるパート看護師求人を探す

地域から扶養内求人を探す
扶養内で働くとは?

子育てをしながら常勤で働くのは難しい、でも仕事は辞めたくない・・・。そんな皆さんにおすすめなのが、パートやアルバイト、派遣という働き方です。
さて、このような働き方の場合、年収を定められた範囲内に抑えることで、配偶者の扶養家族でいつづけることができます。それが、扶養内で働くという状態です。
メリットは、税金や保険料を払う必要がなくなること。ただし、扶養内の基準となる年収は一つではありません。年収をいくらまでに抑えるかによって、受けられる控除や払わなくて済む税金が変わってきます。
以下で、夫がサラリーマン、妻がパートタイマーの看護師であると仮定して、どのような基準があるのかを解説していきます。

【100万円】
年収が100万円(市区町村によっては異なる場合あり)以下の場合、パートタイマーである妻の住民税については課税されません。

【103万円】
年収が103万円以下の場合、妻の所得税については課税されません。
また、妻の年収を103万円以下に抑えることで、夫は配偶者控除を受けられます。

【141万円】
妻の年収が103万円を超えた場合でも、年収が141万円までであれば配偶者特別控除が受けられます。ただし、夫の所得金額が1000万円を超えている場合は、配偶者特別控除は受けられません。

【130万円】
妻の年収が130万円未満の場合は、「健康保険の被扶養者(扶養家族)」になれます。妻の健康保険料と厚生年金保険料は夫が加入している社会保険制度から負担されるため、妻自らが払う必要はありません。
130万円を月収に換算すると、約10万8000円。扶養家族でいるためには、1か月に稼ぐ額をこの範囲に抑えなければなりません。

扶養内で働く場合の注意点

まず、看護師は他の職種に比べて時給が高めです。例えば、時給1500円の病院で週に3回、8時間勤務した場合、月収は14万4000円。上で見た130万円の基準を超えてしまい、保険料を自分で払う必要が出てきます。また、職場によってはパート等の職員に対しても寸志程度の賞与を支給する所もありますが、その数万円によって扶養範囲内の基準を超えてしまう場合も・・・。
扶養範囲内で絶対に働きたい場合は、勤務先にその旨を伝えておきましょう。もちろん、「この時給でフルタイムだと稼ぎすぎるから、午前中だけ働こう」と、自分で計算してみる手間も惜しんではいけません。

扶養内でも働きやすい職場

扶養内で快適に働くためには、職場選びがとても肝心です。 看護師の数が少ない個人病院やクリニックでは、たとえ子供が熱を出しても急には休めない職場もあります。また、年収調整のためとはいえ、残業をせず定時で帰ることに対して反感を覚える人がいないとも限りません。
扶養内でも働きやすい職場のポイントは、まず、事業所の規模がある程度大きく、看護師の数に余裕があること。そして、同じく扶養内で働く看護師が多いことです。また、常勤以外でも利用できる託児所の有無も、子育て中の方は是非チェックしておきましょう。
看護師不足のこのご時世、扶養内勤務であっても、「働きたい」と申し出る看護師の存在は、どこの職場でもありがたいはず。育児と仕事を上手く両立したい方は、是非扶養内で働ける職場に注目してみてください。