患者さんからのさまざまなクレーム、あなたはその時どうする?

看護師として働く中で、誰もが一度は経験したことがある「患者さんからのクレーム」。ごもっともなご意見から、理不尽なもの、時には笑えてしまうようなものまで、その内容は様々です。最近では多くの病院の中から、患者さんが病院を選ぶ時代になっており、看護師をはじめ、病院のサービスという面も重要視されています。

患者さんのクレームにはどのようなものがあるのか? 患者さんからのクレームに対して、看護師はどのように対応すべきなのか。患者さんのクレームについてまとめてみます。

1. 患者さんからのクレームあれこれ

1. いつまで待たせるんだ!

患者さんからのクレームの中でも、多いクレームのひとつで、外来や救急外来などでよく聞かれる「いつまで待たせるんだ!」と待ち時間が長いことに対するクレームではないでしょうか。

外来受診の際には患者さんそれぞれが受付番号を取得して受診します。予約の場合や当日診察受付をした場合など、色々な条件がありますが、基本的には予約番号の間に当日番号を入れて診察を行なっている施設が多いかと思います。当日朝早く受付をした患者さんから、「なぜ、あの人より私は先に受付をしているのに診察が後回しなんだ!」と言われることもあります。

また救急外来でも、患者さんの重症度により診察の順番が前後する場合があります。これに対しても同様に「体調が悪くて救急外来を受診しているのに、一体いつまで待たせるんだ!」とのお叱りの言葉をいただくことも少なくありません。

病棟に入院中の患者さんからも、「ちょっと待ってくださいと言ったまま、看護師がいつまでたっても来てくれない! いつまで待たせるんだ!」というクレームをいただくこともあります。どれも患者さんに対しての十分な説明、または配慮が足りなかったために発生するクレームです。外来や救急外来では、その施設の受付システムをきちんと説明し、納得してもらうことが大切です。

病棟においても、患者さんがなぜ看護師を呼んでいるのかという内容を確認し、そのうえで他に優先すべきことがあり、待ってもらうのであれば、きちんとそのことを伝えるようにしましょう。このクレームは、看護師や医療従事者の配慮や言葉かけで防ぐことができるクレームのひとつです。

2.テレビカードが高すぎる!

入院中の患者さんの唯一と言っても過言ではない「娯楽」がテレビです。個室や特室であれば、テレビはそのまま視聴できる施設も多いかと思いますが、大部屋の場合には、テレビカードを購入し、テレビを視聴しなければならない施設もあります。

一枚1,000円程度で販売されているテレビカードですが、このテレビカードをめぐるクレームは意外と多いです。最終的には「なぜテレビを見るだけでお金を払わないといけないんだ!」「入院費は払っているんだから、テレビはタダで見せろ!」とまで言われるケースもあります。過去からテレビカードについてのクレームはありましたが、ここ5年くらいでグッと増加したような印象はありませんか? それは床頭台にテレビと共に設置されている冷蔵庫と大きく関係しています。

大部屋の患者さんにはそれぞれ床頭台が配置されています。床頭台にはテレビと冷蔵庫が設置されているケースが多く、テレビの視聴と冷蔵庫の保冷にテレビカードが必要となります。冷蔵庫の保冷にテレビカードが必要ということを理解していない患者さんも多く、「テレビカードなのに、冷蔵庫でも必要なのか!」と言われることもあります。テレビカードという誤解を招きやすいネーミングにも問題はあるでしょう。

こちらもきちんと患者さんに説明し、納得いただくことで防げるクレームです。追加するとすれば、テレビカードは院外の業者が床頭台を病院にレンタルし、テレビカードを院内で販売しているというケースが多いです。そのため、テレビカードの金額についてのクレームはその業者に連絡すようにと説明する施設もあるようです。

3.看護師さんが怖い

看護師の接遇に関するクレームも、病院のクレームの中では件数が多いです。
そんな中で、「看護師さんが怖い」というクレームを患者さんから頂いたことがあります。詳しく内容を聞いて見ると、ある看護師さんの笑顔が怖いというのです。

怖いと言われている看護師さんは、いつもニコニコしており、接遇面でも大きな問題がある人ではありませんでした。患者さんにさらに詳しく話を聞くと、「あの笑顔が完璧すぎて、逆に怖い」と言われました。

特に接遇面で問題があったわけでなく、看護師の笑顔の裏側を患者さんが想像し、勝手に怖いと思っておられたのです。仏頂面や言葉がキツイなどの理由で怖いと言われてしまうケースは経験がありましたが、「笑顔が完璧だから怖い」というクレームは初めてのケースでした。ちなみに怖いと誤解されている看護師にそのクレームの件を伝えると、彼女も驚いていましたが、患者さんと直接話をして誤解も解けていました。

2. 患者さんからのクレームは患者さんの情報の宝庫

患者さんからのクレームとついつい面倒に感じてしまう人もいるかと思いますが、そのクレームの裏側には、患者さんの思いが隠れているということを忘れてはいけません。

看護師が直接原因となるクレームもありますが、病気や治療に対しての不安、入院により環境が変化してしまったこと、家族と離れてしまうこと、痛みや苦痛など、クレームの裏側には様々な患者さんの情報が隠れています。その裏側の情報をしっかりと紐解けないと、その患者さんからのクレームがなくなることはありません。

様々内容のクレームがありますが、患者さんはなぜこの様なクレームを? と、クレームの裏側にある患者さんの情報もしっかりと把握することが大切なのです。必ず何かが隠されている、それが患者さんからのクレームの真実なのです。

3. 患者さんからのクレームに、看護師はどのように対応すべきか

患者さんからの様々なクレームに対して、看護師はどの様に対応すれば良いのでしょうか。

1.患者さんに対しての声掛け

クレームの対応について最も大切なのは、最初の患者さんに対しての声掛けです。クレームを言われる患者さんは感情的になっているケースも多く、怖いと感じてしまうこともあるかも知れませんが、「どうかなさいましたか?」「何か失礼がありましたか?」などの声掛けにより、話を聞く姿勢を示すことが大切です。

ここでの声掛けに失敗してしまうと、患者さんはより感情的になってしまいます。逆にきちんと話を聞くという姿勢が患者さんに伝われば、患者さんも落ち着いて話をされるということにもつながります。患者さんが何か伝えようとしているのに、「私ではわかりません」「また後で聞きます」などの声掛けをしてしまうと、まさに火に油を注ぐことにもなりかねないのです。患者さんの怒りやたぎる想いに対しての初期消火に効果的なのが、話を聞きますという姿勢を伝える「声掛け」なのです。

2.訴えをしっかり聞く

クレームの内容にもよりますが、まずは患者さんからの訴えをしっかりと聞くことが大切です。看護師個人が聞き、対応することが難しいクレームについては、十分に話を聞いたうえで、その旨を患者さんに伝え、担当者に訴えを聞いてもらう様にしましょう。

患者さんのクレームや訴えの中に、患者さんが1番伝えたいとしてポイントが何なのか見出さなければなりません。訴えに注意深く耳を傾けていると、繰り返し出現する言葉があると思います。それが患者さんの1番伝えたいポイントであることが多いです。そのポイントが分からなければ、患者さんのクレームを解決することはできません。

また訴えを聞く際に注意すべきことは、患者さんの話を途中で中断しない、否定しないということです。まずは誠意を持って聞くということに徹しましょう。間違っても、患者さんの話の途中に割り込んで、否定する様なことはしてはいけません。患者さんの訴えを聞き、伝えたいポイントを見出す、また訴えを聞く姿勢が、問題解決には大変重要になります。

3.患者さんの思いや要望にできる限り答える姿勢を示す

患者さんの訴えをしっかりと聞き、伝えたいポイントが理解できれば、今度はこちらの状況を伝え、できる限りの要望に応えるという姿勢を示しましょう。この時、患者さんの立場に立ち話をすることが大切です。

共感できる部分があれば、「私が〇〇さんの立場でも同じ様に感じると思います。」などの言葉掛けも大切です。しかし、根拠のない、一方的で、何を訴えたいのか分からないクレームについては、無理に共感する必要はありません。誠意を持って話を聞き、それでもこちらがどの様な対策を検討すべきか分からないときは、上司や担当者へ患者さんの思いを伝え、引き続き話を聞かせていただくことを説明しましょう。

先延ばしにすると、事態はさらに混乱する場合もありますので、他者へ対応を引き継ぐ場合にも、具体的にどの様に対応するかを患者さんに必ず伝えましょう。例えば上司に相談し、「30分後に上司がお話を伺いに参ります。」「担当者の〇〇が再度お話を伺いに参ります。」など、具体的な対応が大切です。

4.謝罪をする

患者さんからの訴えを聞き、今後の対応が具体的になれば、患者さんに対して謝罪の言葉を伝え、その場を離れる様にしましょう。
この際の注意点は、患者さんの訴えていることに直接謝罪をするのではなく、「この度は不快な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。」「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。」という謝罪に留めて起きましょう。最終的な解決は、具体的な対応の後になります。その為、訴えに対しての直接的な謝罪は話を混乱させてしまうことにもなりかねません。

例えば、医師の対応などに不満があるということが患者さんの1番訴えたいポイントだった場合、事実確認や医師の思いなどを確認せずに、「医師の対応が悪くて申し訳有りません」と謝罪してしまうと、医師が悪いという事が事実になってしまいます。そうではなく、不快な思いや、心配な思いをさせてしまったという患者さんの思いに対して謝罪をするという事が大切なのです。
事実を確認すると、患者さんの思い込みや誤解だったというケースもあり、何に対して謝罪するのかという点には、十分な配慮が必要になります。

4. まとめ

患者さんのクレームはどこの病院や施設でも必ず経験する事です。しかし、クレームの内容は幅広くあるため、その対応はケースバイケースになってしまうこともあります。
患者さんの権利が尊重される時代になり、過去のお医者様と患者の関係ではなく、患者さんが病院を選ぶ時代になってきました。評判の悪い病院の患者数は減り、経営が困難になるという話も珍しくはありません。より良い病院となるために求められるのが、患者さんに対してのサービスです。
患者さんの求めるサービスに全て答える事が出来れば良いのですが、様々な患者さん個々の思いに応えることは難しいです。しかし、患者さんからの訴えがある場合には、その訴えに耳を傾け、誠心誠意対応することはできます。しっかりとした対応ができれば、患者さんの多くは納得してくださるケースも多いです。

患者さんの権利だけが重要視されてしまい、今や患者様と医者という関係になっているのではないかと感じてしまうこともありますが、患者さん、医師、看護師などの医療従事者が対等な関係である事が理想的な関係であると言えるのではないでしょうか。
1番大切なのは、お互いの信頼関係です。過度なサービスだけでは患者さんの信頼を得ることはできません。医療人として一般的な常識範囲でのサービスと、誠心誠意患者さんと向き合い、病気と向き合う姿勢が大切なのです。
看護師も人間です。患者さんに対して、不快な思いや、誤解を招く様なこともあるかも知れません。日々の業務の中では十分に接遇を心掛けることを忘れてはいけません。

また患者さんのクレームの裏側にある患者さんの思い想いを大切にしなければなりません。クレームの裏側にある患者さんの想いに気付かなければ、問題を解決することはできません。患者さんの訴えたいポイント、そしてその裏側にある患者さんの想いの両方が、クレームを解決する上では欠かす事ができないのです。

クレームと聞くと、怖いと感じてしまう人もいるかも知れませんが、大切なのは患者さんの立場に立った、言動、行動、接遇です。日々の我々の姿を患者さんはよく見ています。患者さんに安心感を与えるのも看護師の役割です。患者さんのクレームに対して、今一度考えて見てはいかがでしょうか?

この記事を書いた人:永島直俊
看護師として17年臨床勤務。
看護管理、院内感染、医療安全、救命救急、手術室、病棟看護経験あり。
管理職(看護部長の経験あり)として、各種管理、病院経営、職員教育の実戦経験あり。
現在はフリーランスとして医療関連、看護関連の執筆、記事監修などをおこないながら、次なる目標を求めて自己研鑽中。

この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ