看護師の人材紹介会社を使う デメリットってある?

デメリットもお伝えします

求人情報の種類と数の多さ、また転職のプロである担当コンサルタントのサポートが受けられるという安心感が魅力の人材紹介会社。 ここでは、「でも、デメリットもあるんでしょ?」「逆に使わない方が良い場合は?」といったあなたの疑問をスッキリ解決します! 参考記事:「看護師の人材紹介会社を使うメリットは?」

余計な時間をかけたくない人には△

面倒な面接の設定や、書類のやり取りの代行や、履歴書の添削指導、面接の練習などなど、親身で的確なサポートを内定まで継続的に受けられるのが、人材紹介会社を利用する大きなメリット。 色々な病院を見て比較検討したい方や、自己分析がうまくできない、という方にはまさにピッタリです。 しかし、「私はあの病院でしか働きたくない」と、志望する病院が完全に絞られている場合はどうでしょうか? 特に、一刻も早くそこで働きたいという気持ちが強い場合、ヒアリングにかける時間や、コンサルタントを介しての職場との連絡が、むしろ煩わしいと感じられるかもしれません。 ただ、目標にまい進するあまり、自分自身のことや、そこで働き始めた場合のメリットとデメリットが多面的に見られなくなっている場合もあります。 そんな時は、人材紹介会社のコンサルタントと話をすることで、何らかの気づきを得られる可能性もあると言えそうです。

ゴリ押し会社に要注意

日本全国に、大小合わせて100以上あると言われる人材紹介会社。 たとえ小規模でもその地域の求人に関しては仔細な情報をしっかり握っている会社もあるため、一概に大きい会社がいい、小さいところはお勧めしないとは言いきれないのが実情です。 ただ、特に注意していただきたい会社・コンサルタントの特徴として挙げられるのが、いわゆる「ゴリ押し」。 希望条件もそっちのけで、強引に転職先を勧めてくるような紹介会社も、残念ながら少なからず存在しているようです。 押しに弱い方、人の意見に左右されやすい方は要注意! 「No」と言える勇気を持たないと、全く希望に沿わない病院を受験するために無駄な時間を使いかねません。 看護師さんの転職市場に沢山の企業が乱立している今、ヒアリングに時間をかけ、あなたの希望をしっかり汲んだ上で、幅広く求人を提案してくれるか、その職場の正確で詳細な情報を提供してくれるか、等の点をチェックし、その会社の信頼度を測る目を養っていきましょう。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ