「潜在看護師」の新たな活躍の場として「訪問看護師」という選択肢

在宅医療を支える「訪問看護師」へ転身

育児や親の介護のために一度病院を辞めた看護師の中には、現場復帰は労働時間の
制約やブランクから、なかなか実現が難しいと考えている方は多い。

せっかく看護師の資格を持ちながら、働いていない「潜在看護師」について、
厚生労働省では55万人はいると推測はしているものの、
実際の人数は把握し切れていない状況だ。

その「潜在看護師」が、新たな活躍の場として、自宅で療養生活を送る患者を支える
「訪問看護師」を選択するケースが現在増えているそうだ。

夜勤がなく、働きやすい環境

ただでさえ看護師不足が深刻化している中、「訪問看護師」も人手不足。
そのため、求人件数は増え、労働条件や待遇も年々改善されているという。

また、訪問看護ステーションによっては病院と連携することで、夜勤や緊急の
呼び出しをなくし日中だけの勤務が可能で、しかも給与も良いという所もある。

こう言った状況から、夜勤や土日に勤務ができない「潜在看護師」にとって、
「訪問看護師」は働きやすい状況にあると言える。

もちろん、「訪問看護師」の魅力はそれだけではない。
実際に活躍する人は

「病院で時間に追われ、モニター画面に囲まれていたときとは違い、
訪問看護はゆっくり一人ずつかかわれる時間が楽しい」

と、その魅力を語っている。

(ニュース提供:株式会社エスタイル)

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ

  • 記事はありませんでした。