正誤問題 風邪にはビタミンC

ビタミンCって本当に効くの?

風邪にはビタミンCというのは、かなり古くから信じられている説です。
では、ビタミンCがどんな風に風邪に効くのかをご存じですか?

風邪の症状として思い浮かべるものには、
発熱、頭痛、咳、鼻水などがあるでしょう。
けれども、ビタミンCを摂ることで、熱が下がったり、
鼻水が止まったりという話は聞きません。

風邪の期間を短縮できる可能性

風邪をひいたときに、ビタミンCを摂ると、
風邪の期間を短くすることが出来るようだとされています。
つまり、早く元気になるということです。
過去に行われたビタミンCと風邪の関係を追跡する調査を
総体的に分析した結果によると、風邪にかかっている期間が大人で8%、
子どもで13%短くなったそうです。

一つ一つの調査を見ていくと、
風邪の予防にビタミンCが役立つという結果に到達したものもありましたが、
総体的な分析では、予防に関しては目立った成果が確認されませんでした。

劇的に風邪を改善するわけではありませんが、
やはり期間が短くなるというのは嬉しいことですし、
ビタミンCは余分に取り過ぎても、体外に排出されてしまい、
害がないといわれています。
やはり、風邪をひいたときには、ビタミンCを積極的に摂るのが正解と言えそうです。

==================
出典:QLifePro医療ニュース
http://www.qlifepro.com/
==================

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ

  • 記事はありませんでした。