レア職場紹介:専門性の高い眼科ナースのお仕事

内容は職場によって様々な眼科のお仕事

眼科といえば、「患者さんに死亡リスクがない」、「いつも早く帰れそう」、「仕事が楽(ラク)そう」というイメージがあり、看護師には人気の高い職場の一つです。

そんな眼科の職場には、総合病院の眼科から、手術や入院のある病院、レーシック専門クリニックなど、様々な形態があります。実は、それぞれの職場によって、忙しさも看護師としての役割も多種多様。そんな眼科ナースの実際のところを紹介します。

眼科ナースの主な仕事

眼科には、高齢者から小さな子どもまで幅広い年齢層の患者さんが来院します。そんな中、看護師は主に、手術介助と検査・視力矯正などを行います。

手術のある職場では、当然、手術介助が必要。一般的な求人の募集要項には、「手術室経験者歓迎」の文字も多く見られます。

しかし、眼科の手術は、一般の手術とは勝手が違うもの。例えば、短時間で終わるため回転数が早く、一日に10件以上の手術があるところもあります。この点、一般病棟とはまた違った忙しさといえそうです。手術中は、医師が顕微鏡から目を離さなくても済むよう、テキパキ正確に動く必要も!

検査や視力矯正は、もし眼科にOMA(眼科診療補助者)やORT(視能訓練士)がいる場合、彼らの仕事になります。ただし、その場合も、看護師として、ある程度の検眼知識やスキルは求められるでしょう。また、眼科独特の検査機器の取り扱い方法は、最低限、きちんと習得しておく必要があります。

眼科ならではの患者さんのケア

眼科に来る患者さんは、目が見えにくいことがほとんど。よって、「目が見えない、見えにくい」という前提の心配りの効いた介助が求められます。例えば、服薬についても、目が不自由な患者さんにとってはむずかしいことなので、きちんとした指導が必要です。

このように、眼科では、患者さんの不安に寄り添いながら、患者さんのQOLを見据えたケアが求められます。また、糖尿病などの合併症で目が不自由になるケースもあるため、そのような知識やスキルも事前に習得しておく必要があるでしょう。

眼科ナースのやりがいは?

眼科で働くと、大きく分けて2つのやりがいが得られるといわれています。一つは、患者さんの目の回復を一緒に喜べること。もう一つは、自分自身の専門性を高めやすいことです。

一般的な診療科目でも同じですが、特に眼科の場合、目が見えづらかった人が、受診後に見えるようになったということは、非常に大きな感動があります。そんな感動を共有できることは、大きなやりがいにつながります。

手術も短時間で済むため、結果も比較的早く出ます。その分、多くの患者さんの回復を目の当たりにすることができるでしょう。

また、また、専門性を高めるため、実際、OMA(眼科診療補助者)やORT(視能訓練士)の資格を取得している看護師もいます。

眼科の特殊な機器や用語、介助法を極めれば、確かな強みになるでしょう。もちろん、眼科ならではの心のケア力を習得できれば、それも大きな力になります。

眼科は本当に楽な職場?

眼科は、一般的な診療科と比べて、夜勤や残業が少なく、仕事内容も楽なイメージがありますが、実際のところどうなのでしょうか?

実は、夜勤については、入院ができる病院であれば、当然ありますし、残業についても、レーシック専門病院などの、患者さんが仕事帰りに立ち寄るようなところであれば多いこともあります。職場によっては、準夜勤とあまり変わらない勤務のところも。

また、仕事内容についても職場によって多種多様で、楽とは言い切れません。回転率が高いため、一日に接する患者さんの数が多く、一日中、洗眼や点眼などの処置や雑用に追われ、毎日忙しいと感じる職場も。

特に小さなクリニックの場合、看護師が検眼や視力矯正を担当するケースもあります。眼科は機器も特殊なため、慣れるまでは大変。
このように、眼科だからといって、必ずしも楽とはいえないのが現実のようです。「楽だから」という理由で眼科を志した場合、「話が違う!」となってしまうことも。

「ナース人材バンク」の病院の内情に詳しいキャリアコンサルタントは、職場による仕事内容、看護体制や勤務時間の違いなどを踏まえて、最適な職場をお探しします。眼科への勤務を希望している方は、ぜひお気軽にご相談されてみてください。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ