患者の「アッフォラアッフォラスル」という訴え分かる?医療における方言教育の重要性

方言を使った医療コミュニケーションのあり方

看護師は、医師や患者、その家族など、色々な人と接する仕事。特に患者さんにとっては、辛い症状を訴えるとき、分かってほしいのに伝わらないというのは大きな不安です。皆さん、特にコミュニケーション力を重視していることでしょう。

しかし、地域によっては、その土地の方言がコミュニケーションのネックになることも。そこで今回は、医療現場における方言がもたらす問題について見ていきます。

医療現場での方言はあり?なし?

弊社のナースコミュニティ「ナース専科」に投稿された看護師からのコメントでは、「方言」そのものにはとても好印象のものが多くありました。

例えば、「方言ってあたたかみがあっていい」「方言でしゃべると患者さんと仲良くなれる」と、イントネーションやなまりなどの方言は親しみがあって患者さんと接しやすいという意見が多数。医療現場では標準語が推奨されていますが、無理に直す必要はないのでは?という雰囲気があるようです。

しかし、方言は、重大な誤解を招くこともあるのです。

東日本大震災で浮き彫りになった方言の壁!

東日本大震災では、被災地に支援に入った医療チームが患者の方言を理解できず、医療活動が滞るという事態が起きました。

しかし、これは大震災以前にも起きていた問題で、関東から岩手県の病院に災害支援に来たナースが、入院患者と一対一になったときに話がまったく通じなかったということもあったそうです。

実際、医療現場では、医師が患者の方言を理解できないとき、看護師が通訳となっているケースもあるといいます。ただ通じないだけでは済まされず、実際、津軽弁を理解できなかった医師が患者の症状の訴えを誤認するケースもありました。

また、弘前学院大学の研究・調査では、患者の津軽弁を理解できなかった経験のあるナースが60%にも上ったほか、世代間での方言の濃さにも違いがあるため、その土地出身者でも分からないことすらあり、事態は深刻です。

また、外国人を医療・福祉人材として受け入れる場合、日本語だけでなく、方言を習得する必要性から、ハードルを上げている状況もあります。

誤解されがちな方言として、例えば次のようなものがあります。

  • ・岩手県の「モモッタ」は「股」のこと。
  • ・青森県の「アグド」は「踵」のこと
  • ・東北地方の「いかいか」は「するどく刺すような痛み」、「ぶふぶふ」は「やわらかく腫れる」こと、「わっくわっく」は「体が小刻みに震える」こと
  • ・栃木県の「だいじ」は「大丈夫」
  • ・沖縄県の「やむん」は「痛い」。「わた、やみー」は「お腹が痛い」

医療従事者に向けた方言のサポートや教育への取り組みも

方言が誤解を生み、インシデントに発展するケースもあります。例えば、次のようなエピソードがあります。

患者さんが「ボンノゴガラ ヘナガ イデ」(頭の後ろ下方のくぼんだところから背中が痛い)と伝えたところ、医師はなんと「お盆の頃から、背中が痛い」と認識したのだそう。あまりに異なる解釈に驚きます。

しかし、他人事ではありません。人は、知らない言葉に出くわすと、自分の知っている言葉に近づけて勝手に置き換えてしまう傾向があるといわれているからです。

不安を抱えた患者さんが方言を使うのは、自分の症状を正確に伝えたいから。その気持ちは十分分かりますが、医療従事者が方言を理解していなければ、インシデントやアクシデントにつながるという最悪のケースにもなりかねません。

そこで、東日本大震災の後に起きた方言によるコミュニケーション不良を踏まえて、医療従事者向けに方言のサポートや教育についての動きがありました。弘前学院大学では、方言データベースを医療従事者向けに作成し公開していたり、医学部のほうでも医療用の方言テキストを配布したりしています。

このように、方言を遠ざけようとするのではなく、寄り添いながら患者さんとの意思疎通を円滑にしようとする取り組みは実にすばらしいことです。
問題はあるにせよ、方言の一番の魅力である、地元の「安らぎ」を感じられる良さは、医療従事者としても大切にしたいものですね。

都会に疲れたら、方言のあたたかみを感じる転職はいかが?

看護師の転職をサポートする「ナース人材バンク」は、全国に営業所を持っています。各地域に根付いているため、コンサルタントは、各事業所の内情や地域性に詳しいところに特徴があります。

地域をまたいだ転職も、ぜひ、ナース人材バンクのコンサルタントにお気軽にご相談を!

パートナーの転勤に付き合って、知らない地域で転職しなければならない方や、都会に疲れて、地方のあたたかみに触れる転職を望む方もいるでしょう。そんなときの不安を解消するために、あらゆる面からあなたを全力でサポートします!


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ