復職をはばむ「ブランクの不安」

不安解消の方法とは

結婚や出産で、一時、現場を離れた看護師さんの中には、復職を考えてはいるものの「上手くやっていけるか心配…」という方は多いでしょう。

しかし、そんな心配や不安も、その原因を丁寧に探ってみると、解決方法が見つかるかもしれません。看護師不足の現状がある中、看護師としての復職は、「一人でも多ければいい」と社会から大いに期待されています。

「復職先でやっていけないかも…」と感じる原因は?

復職しても、職場でやっていく自信がないと感じる主な原因は、次のようなものがあげられます。これが、潜在看護師さんの本音といってもいいでしょう。

  1. ・最新の医療知識がない
  2. ・手技などのスキルが衰えている
  3. ・年齢的に体力の衰えを感じている
  4. ・若い世代についていけないことへの不安がある

もしあなたが今、復職を躊躇しているのであれば、まずはこのように原因を掘り下げて、不安の正体を明確化するのをおすすめします。そして、次にすることは、「自分はなぜ復職したいのか?」と、復職する意義を明確化することです。

例えば、

  1. ・経済的なゆとりを持ちたいから
  2. ・子育てもひと段落し、自分の時間を持てるようになったので有意義に使いたいから
  3. ・やっぱり、看護師として働きたい

などです。

きっと、このように復職する意義を明確化すると、自ずと看護師として再チャレンジすることへのモチベーションが上がることでしょう。
近年、看護師といってもさまざまな働き方があり、職場も多様です。特に、看護師不足が叫ばれる中、少しでも復職したいという気持ちがあるあなたに、世の中は味方してくれるでしょう。

しかし、それでも不安が解決しない方もいるでしょう。そこで、それぞれの対処法をご紹介していきます。

最新の医療知識がないと躊躇しているなら

もしあなたが、ブランクによって最新の医療知識がないと不安に感じているのなら、次のように考えてみてください。

ブランクが2~3年の場合、まず、「2~3年程度ではブランクのうちに入らない」ことを知っておきましょう。あなたが看護師時代に叩き込んだ看護スキルは、そんな短期間では消滅しないものです。働き始めれば、感覚はすぐに取り戻せるものですし、最新知識もすぐに覚える余裕も出てくるでしょう。実際、このような人は多いです。

もしブランクが3年以上で、長くて10年といった場合には、ぜひ「復職支援」を活用しましょう。今は、とにかく復職大歓迎ムードで、体制も整っています。例えば、復職を希望している看護師へ研修を行っているところなど、「復職者ウエルカム」な病院が増えているのです。ぜひこの時代の流れに乗って、再チャレンジしてみては? 経験者でも、一から学ぶ謙虚さを持っていれば、復職先で共に働く人たちも応援してくれるでしょう。

体力的についていけないと躊躇しているなら

「でも体力がね…」「若い頃のようにはいかないわよ」。確かにそうかもしれません。でも、だからこそ、今のあなたを良い方向に活かす方法もあるのです。

これまで急性期病棟でバリバリやっていたという人も、例えば、慢性期病棟や介護施設など、比較的ゆったり働けるところにチャレンジしてみるのもいいのでは? 未知なる分野で、新しい経験と知識を得ることができます。

かつては夜勤に明け暮れ、体力勝負でやってきたあなたも、少し考えを変えて、今自分は看護師として何ができるのかを考えてみましょう。それには、先ほど紹介した、「復職の意義」を自分で見つけてみることが大切です。もし自分の働く意義と、希望の条件が合う職場が見つかれば、そのほうが幸せということも大いにあり得るのです。

若い世代についていけないかもと、躊躇しているなら

「指示をくれるプリセプターや上司が、自分より年下でやりにくい」。この悩みは、実際、多くの看護師が抱えています。しかし、実は「年下」が問題なのではなく、プリセプターや上司と上手くやれなかった、もしくは付き合うのに苦労した経験に不安を感じているのでは?

けれど、ブランク中に、さまざまな経験を積み、他の職種やあらゆる立場の人と関わってきたあなたであれば、当時とは比べものにならないほどのコミュニケーションスキルがついているはず。実際、ブランクが長くて、ちょっと年上でも、世代間ギャップを感じない看護師も多いものです。「若い世代」と遠くに感じず、ぜひ身近に感じてみましょう。

どうしても復職が不安な人は

もしそれでも復職が不安な場合には、「ナース人材バンク」の利用をおすすめします。ナース人材バンクでは、さまざまな業態や就労方法の求人を数多くご用意しています。

病院の内情に詳しく、病院ごとの中心となる世代やブランク明けの人の割合などを熟知しているコンサルタントがあなたを徹底サポート。ブランクのある看護師の再就職の実績も豊富です。ぜひ期待を込めて、一度相談してみてはいかがでしょうか?


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ