レア職場紹介:医療行為のない企業看護師「フィールドナース」

医務室勤務とは違う、企業看護師「フィールドナース」

企業の社員として採用され、医療機器や医薬品、営業や販売のサポート、病院へのコンサル業務などのお仕事を行う「フィールドナース」。

企業内の医務室に勤務して医療行為を行うのとは大きく異なる職種です。今回は、このフィールドナースについて詳しくご紹介します!

フィールドナースが活躍する場所は?

フィールドナースは、医療機器メーカーや医療コンサル企業、医薬品メーカーなどの企業の社員として採用されます。それぞれの企業ではどのような仕事を行うのでしょうか?

  • 1) 医療機器メーカーでの仕事内容
    営業担当者と共に医療機関に赴き、医療機器の専門的内容についてサポート。アフターフォローとして医師や看護師への勉強会の企画や実施なども行う。その他、医療機関で実施する研究サポートも行う場合も。
  • 2) 医療コンサル企業での仕事内容
    医療機関の収益アップのためのコンサルティング業を行う企業で、コンサルティング業務を行う。
  • 3) 医薬品メーカーでの仕事内容
    医薬品メーカーが新薬の研究・開発を行う際に、投薬管理、結果報告レポートの作成などを通して、治験をサポートする。

    治験コーディネーターや臨床開発モニターと呼ばれることも。

フィールドナースに求められるスキルと活かせる経験とは?

フィールドナースに求められるスキルとして最も大きいといえるのは「病院での臨床経験」です。特にオペ室での経験は、より専門的な医療現場の知見と高度な臨床経験を持っているという点で優遇されることもあります。

また、「英語力」も大いに活かすことが可能。
特に医療機器メーカーなどは外資系の企業が多かったり、機器の英語マニュアルを読めるスキルが必要だったりと、英語が活用できるシーンが多いからです。もちろん、得意先企業や医療機関への営業サポートとして訪問する際や、直接担当者とやりとりをする際などに必要な、社会人としてのマナーがあれば重宝されるでしょう。

フィールドナースの待遇とメリット

フィールドナースは、一般的な病院勤務の看護師と比較して、待遇が異なります。中でも、次のようなメリットには注目です。

  • ・夜勤がない
  • ・土日休み
  • ・家事や子育てと両立しやすい
  • ・高給の場合も

基本的に、フィールドナースは病院勤務とは異なり、一般企業の社員としての勤務になります。よって、夜勤もなく、土日休みの就業スタイルが一般的です。家事や子育てが必要な場合には、両立がしやすいというメリットも。

また、ナースとしての専門的知識や臨床経験が考慮され、比較的高給が見込める場合もあります。

フィールドナースのやりがい

フィールドナースになれば、かつて勤めていた病院を別の角度から見ることができるため、広い視野を持てるようになったり、最先端の医療機器や医薬品の開発に携わることができるため、最新の医療知識を持てたりします。

このことは、大きなやりがいにつながるでしょう。

また、フィールドナースはどれだけ好成績を出せたかが評価の基準になります。勤務年数に関係なく、頑張りがそのまま評価される「実力主義」は、さらにやりがいを得られやすいでしょう。

フィールドナースになるためには

フィールドナースを志すなら、まず、「難易度が高い」ことを踏まえておくべき。病院が一回の面接で合否が決まるのに対し、2次、3次面接がある場合がほとんどです。また、求人数が限られているという厳しい現実も。良い求人が見つかったら、よく、自分に合うかどうかをリサーチするのをおすすめします。

面接時には、自分なりの、しっかりとした志望動機や転職理由を言えるようにしておくことも大切です。

ナース人材バンクなら、看護師の転職専門のコンサルタントが、フィールドナースとして活躍できる職場をはじめとした、あなたに合った求人をご紹介するのはもちろん、面接に必要なことや、突破のコツなど、プロの経験と知識を伝授! ご入職まで親切・丁寧にサポートします(無料)。

転職をお考えの方は、ぜひ弊社の人材紹介サービス『ナース人材バンク』へご相談下さい。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ