食中毒リスクに対して看護師が行うべきこととは?~感染管理認定看護師の役割

院内感染を回避するスペシャリスト感染管理認定看護師とは

食中毒が発生した際、真っ先に危ぶまれるのは院内感染。非常事態に陥る前に、感染管理認定看護師が、あらゆる予防策を講じ、指導を行っています。
食中毒は一年中発生するものであり、手指衛生は常に必要です。看護師は普段、どのような感染管理を行っているのか、また感染対策のスペシャリストである「感染管理認定看護師」になる方法についても紹介します。

一年中起きる可能性のある食中毒 専門的な感染管理が必要不可欠

5月から9月にかけて増える腸管出血性大腸菌やサルモネラ菌などの細菌性中毒や、11月から3月にかけて多い感染性胃腸炎やノロウイルスなどのウイルス性食中毒、そして防腐剤や農薬、殺虫剤、ふぐやきのこなどの自然毒などが原因の一年を通じて起きるものなど、食中毒にはさまざまな種類があります。

食べ物や調理器具、トイレの使用や、ペットなどを通して感染する危険のある食中毒予防の基本は、手洗いにあるといわれています。
通常、院内でも手指衛生については徹底されているものですが、効果的な方法とタイミングで行う必要があります。やはり、感染対策についての指導や評価には、専門性が必要になってきます。

感染管理を行う看護師が担う役割

通常の病棟業務を行いながら、感染管理の仕事を並行して行う看護師がいます。特に、感染管理についての専門知識と技術を持つ認定看護師として「感染管理認定看護師」があります。日常的には、主に院内巡視による感染管理のチェックや、感染に関する状況共有の場である会議への参加などを行います。もちろん、感染に関して問題が発生した場合、先頭を切って活躍することになります。

手指衛生は、病院にとって非常に大きな要です。医療監視が入る前などは、感染管理を担う看護師が、管理を徹底して行っています。手洗いについては工程ごとに、きちんと行われているかどうかの点数をつけて評価を行うことで、スタッフの意識が高められている病院もあります。

感染管理認定看護師になるには?

院内の患者さんやスタッフなど、すべての人を感染から守る感染管理認定看護師。疫学や微生物学、感染症学、消毒と滅菌についてなどを習熟している必要があります。
働きながら資格取得のための勉強を重ね、ときには勤務時間の調整や休職などをしながら資格を取得するという看護師もいるようです。
病院自体が感染管理認定看護師を必要としている場合、バックアップしてくれるケースもあるので、安心して取り組むことができる分野です。

手指衛生は、感染管理認定看護師一人が頑張っても意味がなく、いかに的確にスタッフを指導して、病院全体の感染予防が実現できるかどうかにかかってきます。よって、スタッフにうまく働きかける能力も必要になってきそうです。

感染管理認定看護師になりたいあなたを全面的にバックアップしてくれる病院など、理想的な職場に転職したい場合には、『ナース人材バンク』の転職コンサルタントが有益な情報を提供します。
気軽にあなたの夢をお話ください。少しでも実現に近づけるよう、全力でサポートします。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ