疲れない看護師は何が違う?

「疲れる看護師」と「疲れない看護師」

あなたは看護師としての毎日の業務に疲れていませんか? 世の中には、仕事をして疲れる人と 疲れない人がいますが、その差はどこにあるのでしょうか。

「疲れる看護師」と「疲れない看護師」がいるとすれば、もちろん「疲れない看護師」のほうが幸せです。自分は明らかに「疲れる看護師」だというあなたも、「疲れない看護師」の特徴を掴んで、「疲れない看護師」になってしまいましょう!

疲れない看護師の特徴とは?

  • 看護師の使命や役割を理解し誇りに思っている
  • ケアする側が持つ心がまえをわきまえている
  • 患者さんの心に寄り添っている
  • 看護師は組織の中で働く職種であることを知っている
  • 自分の限界を知っている

これらは、疲れない看護師の特徴の一部にしか過ぎません。
しかし、ここから何かしらのヒントが得られることでしょう。

疲れない看護師の特徴 それぞれの意味

看護師の使命や役割を理解し誇りに思っている

疲れない看護師は、自分の職業についての社会的使命や役割を十分理解していて、しかもそれを誇りに思っている傾向があります。確かに、「自分の仕事は素晴らしい」と心から感じていれば、激務にも耐えることができそうです。

ケアする側が持つ心がまえをわきまえている

疲れない看護師は、ケアする立場の人間としてどうあるべきかをよく知っています。それは、次の項目の「ケアされる側の気持ちに寄り添っている」ということのほか、自分の健康管理や自分の心のケアを怠らないことも含みます。

患者さんの心に寄り添っている

医療職の人は、患者さんと接するとき、自然と患者さんの心に寄り添っているといわれています。自身の深層意識で患者さんが今感じていることと同じ心情になることで共感しているのです。実は、相手の気持ちが分かるというのは、自分の深層意識に共感している状態なのだそうです。

看護師は組織の中で働く職種であることを知っている

職場で自分の思い通りにものごとが進まなかったり、自分の発言がまったく通らなかったりすることはよくあることです。しかし、疲れない看護師は「組織の中の一人であれば自分一人の意見がまかりとおるはずはない」ということをよく知っています。

自分の限界を知っている

肉体的にも精神的にも負担を感じたら、それがどれだけ進めば病気になるのかをわきまえているのが疲れない看護師といえるでしょう。疲れない看護師は、自分の限界を無意識のうちに察知して、うまくストレスをコントロールできるので、肉体・精神共に健康でいられます。

疲れない看護師は、無意識のうちにこのような行動をとっているようです。
あなたも、今日から疲れない看護師になってみませんか?

転職して「疲れる」環境から抜け出すなら

まずは環境を変えることからスタートしたい。『ナース人材バンク』は、そんなあなたを全力でサポートします。

希望の条件に沿った求人をご提案する、看護師転職のプロであるコンサルタントへは、どのようなお悩みでもお気軽にご相談ください。給与や休日、勤務時間などの条件交渉はもちろん、今の職場の退職サポートまで一貫して行います。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ