年代・年収別!これだけは貯めたい貯金額

あなたの目標貯金額は○○万円

突然ですが、あなたは貯金をしていますか?総務省の調査によると、貯金額の平均は収入の20.7%。
看護師の平均年収471万円に当てはめると、年間97万4970円貯金するのが平均的と計算できます。

ただし、これはあくまで平均値。貯金の目標額は、その人の年代や年収によって大きく異なります。
年収が低い新卒ナースと、高収入のベテランナースとでは、貯めるべき額が違って当然です。
今回は、看護師の年代・年収別の、貯めておきたい貯金額について解説します。

【年代・年収別】貯めておきたい貯金額

20代:年間で生活費1~3ヶ月分を貯める

20代前半の看護師の平均年収は、386万円。20代後半になると、450万円まで上昇します。

生活費1ヶ月分は、およそ月給1ヶ月分に相当するので、20代が年間で貯金したい額は20~60万円程度。
月給20万円の人が1年間で20万円を貯める場合、月々約1万6000円を貯めればいい計算になります。

理想としては生活費3ヶ月分を目標にしたいところですが、難しい人は、最低でも生活費1ヶ月分の貯金から始めましょう。万が一の病気や怪我、失業した時の生活費など、急な出費を補うことができます。

30代:30代のうちに年収と同額~1.5倍を貯める

30代の看護師の平均年収460万円をもとに計算すると、30代のうちに460~690万円貯めるのが理想ということになります。

「ムリムリ!」と思うかもしれませんが、毎年、手取り年収の15%(手取り年収460万円とすると69万円)を貯金に回せば、7年間で年収と同じ額が貯まる計算に。
年間で69万円なら、月間では5万7500円。ちょっと頑張れば、貯められそうな額ではないでしょうか?

30代は将来に備えてお金を貯める時期。
まとまったお金ができたら、投資で資産を効率的に増やすこともお薦めです。
ただし、貯めるだけではなく、自分磨きへの投資もしつつ、上手なお金の使い方も身に付けましょう。

40代以降:40代のうちに年収の2倍を貯める

40代の看護師の平均年収は、507万円。30代から毎年、年収の15%を貯金に回すことを、40代以降も続けていれば(手取り年収507万円とすると、毎年76万500円を貯金)、40代のうちには、年収の2倍(1014万円)が貯まる計算になります。

ただし、40代以降は子供の教育費や親の介護費などがかさみ、思うように貯金がしづらい時期です。
その上、育児の都合や体力低下で夜勤に入れなくなれば、夜勤手当が出ない分、年収も大幅ダウン。

貯金に回すお金を捻出するのは難しいかもしれませんが、老後に備えて、毎月手取りの1割はなるべく貯金したいところです。

給料が低くて貯金ができない方は・・・

ここまで、年代・年収別に貯めたい貯金額について解説してきました。

「毎月このくらいの額なら貯金できるかも」と思った方もいるのではないでしょうか?
一方で、「今の安い給料じゃ貯金は無理・・・」という声も聞こえてきそうです。

給料をアップする近道の1つは、今より高給与な職場への転職です。
転職をお考えの際には、ぜひ『ナース人材バンク』にご相談ください!

当社が扱う沢山の求人の中から、皆さん1人1人の希望に沿った職場をご紹介。
面接の日時設定や給与交渉なども当社が代行し、内定まで全力でサポートします。

参考:厚生労働省「平成24年賃金構造基本統計調査」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ