目指せ開業ナース!訪問看護ステーション開業への道

今後10年、訪問看護のニーズ急増!

今年4月、診療報酬の改定が行われ、75歳以上の高齢者が一気に増える2025年に向けた医療改革が示されました。そのうちの1つが、在宅医療の強化です。

現在、訪問看護師として就業している人は約3万人。しかし2025年に向けて在宅医療を充実させるためには、あと10数万人の訪問看護師が必要と言われています。

訪問看護の需要が高まれば、訪問看護ステーションの独立開業にも大きな追い風が吹くはずです。
現に、ビジネスチャンスに備えて、開業に向けた準備を進めている看護師も少なくないとか。

そこで今回は、訪問看護ステーションを開業するために必要な条件や費用について、詳しく解説します。

開業に必要な条件・費用って?

開業に必要な条件

訪問看護ステーションを開業するための基準は、大きく3つあります。

  • 人員基準(看護師資格を有する者がいるか)
  • 設備基準(訪問看護を行うための設備が整っているか)
  • 運営基準(各種報告書や指示書などの基準に違反していないか・利用者や主治医らとの連携が取れ、安全に訪問看護を行えるか)

ただし、この基準を満たすだけでは、開業はできても黒字経営を続けることは難しいでしょう。
利益を出せる事業所に育て上げるためには、看護師を確保するための採用活動や、利用者を集めるための宣伝、病院への営業など、しなければならないことが沢山あるようです。

開業に必要な費用

訪問看護ステーションを開業するために必要な費用としては、主に以下のようなものが挙げられます。

  • 会社設立費用
  • 建物を借りる時の敷金・保証金
  • 事務所の備品や事務用品

すごくお金がかかりそうに思えますが、家賃が安い土地を選んだり、中古の備品を買うなどの工夫をすれば、100万円程度で抑えられます。

ただし、本当にお金がかかるのは開業後です。スタッフの給料、家賃、諸経費などが毎月発生することを考えると、開業資金として300~400万円は用意しておいた方が安心でしょう。

理想の看護を実践するチャンス

訪問看護ステーションを開業し、経営を続けていくためには、経営のノウハウや法律の知識など、看護とは全く別の勉強が必要です。

平坦な道のりではありませんが、病院で雇われている身では難しい、理想の看護を実践できるチャンスが、そこにきっとあるはずです。

無料相談や書類作成代行など、開業をサポートしてくれる団体もあるので、1人で開業するのが心細い方は、支援を受けてみても良いかもしれません。

「さすがに開業はハードルが高い」という方でも、今後確実にニーズが高まる訪問看護に挑戦することは、転職する上でも必ず有利に働くでしょう。

未経験者を歓迎する職場も多いので、経験がないからといって尻込みする必要はありません。
日勤のみで働けるにも関わらず、病院やクリニックと比べて比較的給与が高い点も魅力です。

少しでも訪問看護にご興味がある方はもちろん、転職をお考えの方はどなたもお気軽に、『ナース人材バンク』にご相談ください!
転職に関する不安やご希望をじっくりお聞きし、1人1人にピッタリの職場をご紹介いたします。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ