教育現場での看護師のお仕事5選

魅力いろいろ・教育現場のお仕事

保育園や学校といった教育現場は、看護師が活躍できる環境の1つです。
子供好きな方や、人を育てることに携わりたい方にはピッタリの職場と言えるでしょう。
また、夜勤が無く、カレンダー通りに休める職場が多いため、規則正しい生活が送れる点も魅力的です。

ここでは、看護師が働ける5つの教育現場をご紹介。
詳しい仕事内容や必要な資格、やりがいについても解説します。

看護師が働ける!5つの教育現場

高校看護科・看護専門学校・大学

これらの学校で看護師は、看護教員として働くことになります。

仕事内容はそれぞれの学校で微妙に異なりますが、共通しているのは授業・実習の指導、生活指導、進路相談など学生に対する全てのサポートを行うことです。

看護師の「か」の字も知らなかった学生を、プロに育て上げる過程は、責任重大でありながら、非常にやりがいを感じられるのだとか。

保育園

保育園での看護師の主な仕事は、園児の健康管理です。
バイタルチェックやおむつ交換、怪我や体調不良の園児への応急処置などを行います。

トイレや教室の消毒・清掃、園児への手洗い・うがいの呼びかけといった衛生管理も重要な仕事です。
時には保育士に混じって園児と遊んだり、散歩の引率をすることもあります。

子供を持つ人なら、泣く子をあやしたり、一緒に遊ぶ時などに、育児の経験を活かせるでしょう。

小中学校・高校の保健室

小学校~高校の保健室では、健康診断の実施や怪我などへの応急処置、校内の衛生管理などが看護師の主な仕事です。いじめや学業などの悩みを抱えている生徒からの、相談に応じることもあります。

ただし、小学校~高校の保健室で働くには、看護師免許以外に、養護教諭の免許も必要です(一部の私立学校では、不要な場合もあります)。

大学や専門学校の医務室

大学や専門学校の医務室での仕事は、小学校~高校の保健室の場合とほぼ変わりません。
大きな違いは、養護教諭の免許が不要なこと。看護師もしくは保健師の免許があれば働けます。

10代後半~20代の学生は、就職活動や進路などへの不安を抱えていることが少なくありません。
そうした学生1人1人の悩みを聞き、一緒に解決の道を探ることが、医務室の看護師に特に求められる役割と言えそうです。

特別支援学校

特別支援学校では、障がいを持つ生徒に対する健康管理(吸引、経管栄養、導尿、酸素管理など)が、看護師の主な仕事です。教育現場の中では、医療行為をする機会が多い職場と言えます。

実際に働いている人の中には、「子供の成長が見られること」「教師・保護者と協力して、自立をサポートすること」などにやりがいを感じる人が多いようです。

医療行為が多いため、ある程度の臨床経験は必須。
特に、小児科で働いた経験があると望ましいでしょう。

教育現場で働くには?

教育現場の仕事のデメリットは、求人数がとても少ないこと。
教育現場に絞って転職活動をしても、なかなか職場が見つからない可能性が高いため、
自分の勤務条件や、やりたい看護と照らし合わせて、視野を広げることも必要です。

子供と関わりたくて教育現場を志望している方は、小児科やNICUは考えてみましたか?
日勤のみで働きたい方は、クリニックや病院の外来を、候補に加えてもいいでしょう。

どうしても教育現場で働きたい方には、沢山の求人を扱う人材紹介会社のご利用がお薦めです。

当社の人材紹介サービス『ナース人材バンク』では、全国の豊富な求人をご用意しており、教育現場の求人もご提案できる可能性があります。お仕事探しの際は、お気軽にご相談ください!


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ