製薬業界での看護師の仕事

製薬業界で働くメリット

製薬業界で働く場合、看護師は薬を開発する製薬会社や、新薬の治験を行う会社に所属します。
企業の一社員として働くため、夜勤なし、土日休み、福利厚生充実など、様々なメリットが。

新薬開発には国も力を入れており、今後製薬業界での看護師のニーズはますます高まることでしょう。
ここでは、製薬業界における看護師の代表的な仕事と、その内容をご紹介します。

製薬業界の代表的な仕事・職種

CRA

新薬が世に出るまでには、細胞や動物を使って様々なテストを行い、有効性と安全性を確認します。
そして、最後の段階で人間に対して行うテストが、「治験」です。

CRAは主に治験関連の会社に所属し、製薬会社に代わって医療機関に治験を依頼したり、治験が安全に行われるかをチェックします。一言でいうなら、「製薬会社のサポート役」です。

具体的な業務としては、

  • 治験を行う医療機関の調査
  • 医療機関に対する、治験薬や治験の進行についての説明
  • モニタリング業務(治験の進行確認など)

などを行います。
医療知識が豊富、カルテが読めるといった理由から、看護師をCRAとして優遇する企業は少なくないようです。

CRC

CRAが「製薬会社のサポート役」なら、CRCは「治験を行う医療機関のサポート役」。
CRAと同様、主に治験関連の会社に所属し、治験担当の医師と被験者の間に立って、治験がスムーズかつ安全に行われるようサポートします。

具体的な業務としては、

  • 医療機関と被験者双方のスケジュール調整
  • 被験者への検査説明や服薬指導
  • 医師のサポート

などを行います。
医療行為はほとんどありませんが、医師や薬剤師ら医療スタッフと接する機会が多いため、ある程度の医療知識は必須です。

MR

MRは、主に製薬会社に所属し、医療機関への自社製品の営業や、適切な用法などを説明する仕事です。
単なる営業だけではなく、自社製品の情報提供や、現場での使用データを収集・報告も行います。

薬に対する知識や、医師との円滑なコミュニケーションが求められるため、臨床経験のある看護師は重宝されるようです。ただし、MRになるためにはMR認定資格という資格を取る必要があります。

PMS

PMSは、主に製薬会社に所属し、医薬品や医療機器が発売された後に行われる、品質や有効性、安全性を調査する仕事です。「市販後調査」とも呼ばれます。

海外の情報を収集・分析する場合があるため、医薬品の知識に加えて、英語力も求められるようです。

オペレーター

オペレーターは、主に製薬会社や医療機器メーカーのコールセンターに所属し、薬の用法や医療機器の使い方などに関して、電話で説明を行います。

教育体制を整えている職場が多いので、オペレーター経験や商品知識が無い人でも安心して働けます。

製薬業界で働きたくなったら

製薬業界の仕事は人気が高い反面、求人数が少なめ。1つの求人に応募が殺到しないよう、企業名などを伏せて「非公開求人」として募集を掛けている場合もあるようです。

製薬業界では医師や被験者など様々な人と接するため、コミュニケーション能力が合否に直結します。
病院やクリニック等に比べて採用ハードルが高いため、面接対策を怠らないことが大切です。

転職をご希望の方は、ぜひ『ナース人材バンク』にご相談ください!
看護師転職のプロ・コンサルタントが、豊富な求人の中からご希望条件に合った職場をご紹介。
難関の面接を突破する方法も、包み隠さず教えます!


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ