転職を繰り返す人3つの共通点

長続きしないのはなぜ?

「どこの職場も長く続かない」「転職回数がどんどん増えていく」そんな悩みを抱えていませんか?
転職を何度も繰り返してしまう人には、共通して見られる傾向があるんです。

ここではまず、転職を繰り返す人の3つの共通点を解説します。
当てはまった方もご安心を。1つの職場で長く働くための、ちょっとしたヒントも紹介します。

「もう転職を繰り返したくない!」という方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

転職を繰り返す人3つの共通点

優先順位があやふやな人

転職先への希望条件がはっきりしない状態で転職しても、入職後「やっぱり何か違う」となりがち。
いつまでたってもしっくりくる職場に巡り合えません。

転職先を探す際は、「2交代勤務は譲れない」「子供との時間を確保したい」など、「自分が転職先に一番求めること」をはっきりさせ、その希望が叶えられるかどうかを重視しましょう。

最優先の条件が叶う職場に転職できれば、些細な不満が生じても、「1番求めていた条件は叶っているし、辞めるのはもったいないな」と、辞めたい気持ちを抑えられます。

応募先の情報収集が足りない人

応募先の情報収集をせず、「高給与」「残業無し」など、好条件につられて転職すると、いざ入職した後に悪い面が見え、ギャップに苦しむ可能性があります。

「激務で人が集まらないから、給与を高くしているなんて・・・」など、好条件にはワケがあることも。
思い描いていた理想と現実とのギャップは、早期退職の引き金になりかねません。

事業所の口コミを調べたり、実際に足を運ぶなどして、理想と現実とに差が無いかを調べましょう。
入職前に下調べをすることで、ミスマッチの可能性が減り、早期退職を防げます。

不平不満が多い人

不平不満ばかり言い、問題を自分で解決せず他人や環境のせいにしやすい人ほど、辞め癖がつく可能性が高いようです。

どんなに良い職場にも、不満やトラブルは少なからずあるもの。
問題から逃げるように転職しても、転職先でも同じような状況に直面するかもしれません。

「上司と考え方が合わなかった」「人間関係が最悪」など、他人や環境が理由の転職が多い人は、「あの時どうすれば問題を解決し、辞めずに済んだのか?」を考え、その答えを転職先で活かしてみて下さい。

不満に対して自分で解決できる力が身に着けば、1つの職場で長く働きやすくなるでしょう。

もう転職したくないなら

末永く働ける職場探しは、『ナース人材バンク』にお任せください。

自分ではなかなか決めかねる優先順位も、転職のプロ・コンサルタントが客観的にアドバイス。
「給料より、時間の余裕が必要と気付いた」など、自分の本当の望みに気づくかもしれません。

職場選びの段階では、応募先の詳細な内部情報を提供し、入職後のミスマッチを防止します。

万が一入職後に不満が生じた場合、コンサルタント経由で師長や部長に話を通し、解決策を探ることも可能です。辞めると決断する前に、ぜひ相談ください。

『ナース人材バンク』で、末永く働ける、理想の職場を見つけませんか?


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ