人間関係で辞めていい場合・よくない場合

人間関係が辛い・・・でも、今辞めていいの?

人間関係のトラブルは辛いもの。職場から逃げ出したくなることもあるでしょう。
でも、人間関係に関する問題は、どこの職場にも大なり小なり存在します。

今の職場を辞めても転職先での人間関係に悩み、また転職・・・と、同じ理由で転職を繰り返す可能性も。転職回数が増えれば、採用側に「長続きしなさそう」と思われ、転職が不利になってしまいます。

そこで今回は、「人間関係で辞めていい場合・よくない場合」を、事例とともにご紹介。
今人間関係で悩み、退職を考えているあなた。もしかしたら、今は辞め時ではないかもしれませんよ。

人間関係で辞めていい場合・よくない場合

同僚に悪口を言われている

悪口の内容を客観的にみて、自分に非があれば改善しましょう。非がなければ、気にするだけ損。

軽くスルーして「○○さんはああいう人だから」と割り切り、悪口を言わない人たちとの豊かな人間関係を築けばいいのです。

悪口を言う人は、どこの職場にも1人や2人います。
辞める前に、陰口に耐えられる強い心を作るチャンスと思って、上の方法を試してみて下さい。

上司との相性が悪い

上司は自分で選べません。相性が徹底的に合わない上司と、働かざるを得ないこともあるでしょう。
しかし、上司にも当然、異動や退職の可能性があります。未来永劫一緒に働くわけではないのです。

「上司とはソリが合わないけど、今の仕事自体は好き」であれば、安易な退職はもったいないかも。
もう少し今の職場で粘り、状況が変わるのを待ってみては?

上司の指導が厳しすぎる

どんなに指導が厳しくても、「部下を成長させたい」という愛が感じられる場合、もう少しその上司のもとで頑張ってもいいかもしれません。厳しい上司との出会いは、自分を成長させるチャンスです。

ただし、あなたの人間性まで否定するような言動や、暴力を伴う指導は、指導の域を超えています。
あなたの能力をもっと上手く伸ばしてくれる上司と出会うために、転職するのも1つの方法です。

嫌がらせが度を越している

「『看護学校行き直せば?』など、他の同僚がいる前で日常的に罵倒される」「上司に話しかけても無視され、一切仕事を与えてもらえない」これらは、パワハラと言ってもいい、度を越した嫌がらせです。

パワハラによる苦痛があまりにも大きいと、心の病を発症し、看護師の仕事自体できなくなる可能性も。
人事部などに相談しても改善しない場合、心穏やかに働ける職場へ転職しても良いかもしれません。

人間関係が良い職場に転職するには

「我慢してみたけど状況が変わらない」「ストレスで身体を壊しそう」など、今の職場の人間関係がどうしても辛いなら、思い切って転職するのも1つの方法です。

でも、転職先の人間関係は外からでは分かりにくいことも。「転職先の人間関係が最悪だったらどうしよう・・・」と不安な方は、よろしければ一度、『ナース人材バンク』にご相談ください。

日本全国、様々な事業所の内部事情に通じたコンサルタントが、「ここなら人間関係はバッチリ!」と、太鼓判を押せる職場をお探しし、内定まで二人三脚でサポートします!

♪人間関係に悩んでいるなら・・・こちらの記事もおススメ♪

「女性同士の人間関係のコツ」


「苦手な女性上司の攻略法」


「人間関係が悪い職場を避けるには」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ