夜勤手当が高い3つの職場

看護師の夜勤手当の相場は?

看護師の給与の大きな部分を占める、夜勤手当。
日本看護協会は2010年、夜勤手当の相場に関する調査を行いました。

それによると、2交代制では平均10745円、3交代制では平均4077円となっているようです。
ただしこれは全国の病院の平均額であり、地域や病院の規模によって金額には差が出ると言えます。

ここでは、高額な夜勤手当が期待できる3つの職場をご紹介します。

夜勤手当が高い3つの職場

忙しい救急指定病院は夜勤手当が高額

二次救急や三次救急を扱う救急指定病院では、夜勤手当を高く設定している場合が多いようです。

救急指定病院では、急患を多く受け入れたり、夜間でも緊急手術を行ったりと、療養病院など救急指定が無い病院に比べて、夜勤が格段に忙しいです。

仕事がハードで離職率が高いため、人手を確保するために夜勤手当を高く設定していると言えます。

救急指定病院の中には、2交代制の夜勤手当が1万5000~6000円と、平均を大きく上回る病院が少なくないようです。

地方より大都市に高め傾向あり

夜勤手当は、地方より東京や大阪など大都市の方が、夜勤手当が高い傾向にあります。
また、同じ首都圏でも、埼玉や千葉に比べると、東京の方がより高額と言えるようです。

例えば自宅が千葉と東京の境にあり、千葉にも東京にも通勤できる場合は、東京の病院で働く方が、高給与が期待できると考えられます。

夜勤手当4万円の病院も!

夜勤1回につき3.5~4万円が支給される夢のような病院。それが、夜勤のアルバイトに入れる病院です。

地域や就業先の状況によって、こちらの手当の額も変わってきますが、しっかり稼ぎたい場合、日中は日勤常勤として働き、夜は別の病院で夜勤専従のアルバイト、とWワークをするのも1つの方法です。

ただし、本業でWワークが禁止されている場合、アルバイトの事実が公になると、最悪解雇される恐れもあります。
また、夜勤にしか入らない、ということは、日中の患者さんの様子が分からないということ。
患者さんの容態に関する情報が少ないため、急変の際、とっさに対応できない可能性があります。

手当の高さは魅力的ですが、夜勤のアルバイトには少なからずリスクが伴うことも知っておきましょう。

夜勤手当が高い職場に転職するには?

この記事では、夜勤手当が高い3つの職場についてご紹介してきました。

でも、「手当が高くても忙しいのは嫌」「都市圏への通勤は無理…」「うちの職場はWワーク禁止だし」と、いまいちピンとこなかった方もいるかもしれません。

ご安心ください。ご紹介した職場以外にも、夜勤手当が高く高給与が期待できる職場は全国にあります。
「転職して給与アップしたい!」という方は、『ナース人材バンク』までお問い合わせください!

「忙しすぎる職場は嫌。でも給与は高い方が良い」など、「ちょっとワガママかな?」と思うご希望も、遠慮なくご相談ください。

沢山の看護師を転職成功に導いてきたコンサルタントが、希望にマッチする職場探しをお手伝い。
さらに、履歴書の書き方や面接対策など、内定を取るためのノウハウもしっかりお伝えします。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ