安易なWワーク・副業は危険!3つのリスク

Wワークの落とし穴

「副収入が欲しい」などの理由で、本業の傍ら、Wワークや副業先を探す看護師も少なくありません。
求人サイトでも、「Wワーク可」などと書かれている求人を見かけることも多くなってきました。

しかし、安易な気持ちでWワークを始めると、思わぬトラブルが発生する可能性も…。
ここでは、Wワークに潜む3つのリスクを解説します。

看護師のWワーク3つのリスク

就業規則違反で解雇される可能性あり

公立病院に勤務している看護師は、公務員としての待遇を受けるため、Wワークは禁止されています。
民間病院でも、就業規則で看護師のWワーク・副業を禁止している職場は少なくありません。
もしWワークをしていることが職場に知られた場合、懲戒解雇や免職になる可能性も。

そこまで深刻な事態にはならなくても、上司に冷遇される等で居心地が悪くなり、退職せざるを得ない状況に追い込まれるかもしれません。
「バレなければOK」という考えは、キケンです。
本業にバレるケースについてはこちらでも解説しています。

疲労が溜まり、思わぬトラブル発生?

Wワークをするということは、本来であれば休める時間に働くということ。
充分な休憩・睡眠時間が取れずに疲れが溜まり、仕事でのミスが増える可能性があります。

Wワークによって本業でのミスが増えれば、あなたに対する評価が下がり、給与や昇給の額にマイナスの影響が及ぶかもしれません。
また、疲労が溜まって体調を崩してしまった場合、本業・Wワーク共に仕事を続けることが難しくなることも考えられます。

軽い気持ちではできない、厳しい側面も

例えば、看護師のWワーク先として多い、他の病院での夜勤バイト。

「急変が起こりやすい患者」「トイレ介助が必要な人数」といった情報を素早く把握し、馴染みがない病院での急変やナースコールに、適切に対応しなければなりません。

看護師としての経験が浅い人の場合、本業に比べて馴染みが薄いWワーク先での状況変化に対応できず、パニックを起こす可能性があります。

安易なWワークより、希望に合う職場への転職が◎

一見、軽い気持ちでできそうなWワークですが、実際は、色々なリスクを抱えています。
このようなリスクを背負ってまで、Wワークをしようと思う理由は何でしょうか?
「お金を稼ぎたい」「スキルアップのため」「本業の人間関係が悪いので息抜きに」…。

でも、それらの理由を本業の職場で満たすことができれば、わざわざWワークをする必要はないはず。

今の職場に不満があるなら、Wワークという選択ではなく、「給与UP」「スキルUP」「円満な人間関係」といった条件を満たす常勤の仕事を見つけませんか?

転職をお考えの方は、ぜひ『ナース人材バンク』にお問い合わせください!

沢山の看護師を転職成功に導いてきた、経験豊富なコンサルタントが、1人1人の希望条件に合った求人をご提案。履歴書の書き方や面接での受け答えのコツなど、内定を取るためのノウハウも伝授します。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ