転職や復職を、家族やパートナーに反対されたら

意外な強敵?「家族の反対の壁」の乗り越え方

「結婚したら、夜勤はやって欲しくない」、「子供が小さいから、家にいて欲しい」。
家族やパートナーを持つ女性が転職や復職を考える際に、しばしば直面する問題です。
「やりたい!」「やるな!」そんな押し問答をしても、解決の糸口は見えません。
このような状況を乗り越えるには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

日頃から自分の不満や悩みを伝え、理解してもらう

藪から棒に「転職したい」と伝えても、パートナーの理解を得るのは難しいはず。
唐突に話を切り出されることで、拒否反応を示す人も少なくないと思います。

それよりも、日頃から自分の不満や悩みを伝えて、理解してもらうことが大切です。
自分の辛さや大変さを、事前に相手に理解してもらい、一緒に考えてもらうことで、

いざ転職しようと思い立ったときに、転職や復職への同意を取りやすくなります。
大切なことは、自分自身の問題をパートナーと共有し、理解してもらうことです。

転職(復職)することで、何が良くなるのかを伝える

パートナーに理解を得られたら、次は、転職(復職)のメリットを伝えることです。
その際、必ず伝えたいポイントは、「具体的に何が良くなるのか?」ということ。

・収入が増えるので生活が楽になる
・心身の負担が少なくなる
・パートナーや家族との時間を増やせる など

自分の不満や悩みが「どんな風に良くなるのか?」、「どのように解決するのか?」、
新しい職場で働くことの良さやメリットを、パートナーに理解してもらうことで、
相手が感じている不安を解消することができて、賛成してもらいやすくなります。

この考え方は、自分自身の転職に対する考え方を整理する上でも、意味があります。

相手が反対する理由を聞いて、必要な対策を取る

それでも、パートナーが反対したり、なかなか賛成してくれないケースもあります。
パートナーに理解があっても、義両親の反対で悩まされることもあるでしょう。
そのような場合、まずは相手がどんなことを心配しているのか、理解する必要があります。

「収入面では困っていない」「家事が疎かになるのでは?」「子供が寂しがるのでは?」、
具体的な理由が分かったら、解決方法を考え、もう一度話し合いましょう。

・もしもの時のためのリスク分散は大事、と説得する
・家事・育児の分担を見直してもらう
・託児所や保育園の見学に一緒に行き、安心してもらう など

大切なことは、必要な対策を施すことで、相手の不安を解消してあげることです。
お互いに歩み寄る努力をすることで、「家族の反対の壁」は解決に近づくと思います。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ