退職後と在職中、転職活動を始めるなら?

いつから始めるべき?転職活動のタイミング

「今の仕事を辞めてから転職活動した方がいいの?それとも在職中の方が安心?」
転職するぞ!と思い立ったものの、転職活動を始めるタイミングを決めかねている方も多いのでは?

そこで今回は、退職後の転職と在職中の転職、それぞれのメリット・デメリットを徹底解説。
その上で、それぞれのタイミングで始めた転職活動を成功させる、秘訣をご紹介します。

退職後に転職活動

メリット
  • 仕事に追われず、転職活動にじっくり時間をかけられる
  • 「転職先が決まらなければ後がない」と覚悟ができるので、転職活動に身が入る
  • 明日からでも働けるという点で、在職中のライバルより有利
デメリット
  • 収入がゼロに。生活費3ヶ月分程度の貯金が必要
  • 無職の期間が長すぎると、採用側にマイナスの印象を与えやすい
  • 無収入・無職の期間が長くなると気持ちが焦り、志望度が低い職場に妥協して転職する可能性も
転職成功のカギは・・・経済的安定と始めの2~3ヶ月の行動力

退職後の転職活動は、時間がたっぷりある反面、収入はゼロ。

経済的な安定なしには、心を落ち着けて転職活動に臨めません。自己都合で辞めた場合、失業手当が出るまでに3ヶ月かかるため、少なくともその間の生活費は貯えておくことをお薦めします。

また、無職の期間が半年を超えると、採用側に「働く気はあるの?」と思われる可能性も。
退職後の転職活動は、「始めの2~3ヶ月で決める!」と肝に銘じて、積極的に活動しましょう。

在職中に転職活動

メリット
  • 収入を得ながら転職活動ができる。お金の心配をしなくていい
  • キャリアが途絶えず、無職の期間ができない。採用側の印象がいい
  • 万が一転職活動がうまくいかなくても、失業の恐れがない
デメリット
  • 仕事が忙しくて、応募先選びや自己分析など転職活動の時間を確保しづらい
  • 業務の引き継ぎに時間がかかると、次の職場への入職が遅れる可能性がある
  • 「今の職場のままでいいか」と転職へのモチベーションが低くなりやすい
転職成功のカギは・・・時間管理とはっきりした目標設定

本業をこなしながら転職活動の時間を確保するのは、至難の業。
土日や終業後など、プライベートの時間も犠牲にする覚悟が必要です。

「忙しいし、転職なんか辞めて今の職場でいいや」と、転職意志も弱くなりがちなので、

  • ○月×日までには応募先を選別する
  • ○月○日までには転職を決める

と、明確な目標を持って行動することが、転職成功のカギとなります。

人材紹介会社の利用で、転職成功をより確実に

在職中と退職後、どちらの時期の転職を考えている方にもお薦めしたいのが、人材紹介会社の活用です。
人材紹介会社を活用することで、何かと手間がかかる転職活動がぐぐっと楽になること、ご存知ですか?

そのワケは、転職のプロ・コンサルタントが、あなたの転職活動をがっちりお手伝いするから!

弊社の人材紹介サービス“ナース人材バンク”なら、希望条件にピッタリの求人紹介、面接の日時設定といった面倒な作業を、全てコンサルタントが代行。

履歴書の書き方や面接での受け答えのコツなど、内定ゲットのノウハウももちろん伝授します。

「無職の期間が長いことを、面接で突っ込まれたらどうしよう」と不安な退職後のあなたも、「本業に追われて転職活動の時間が取れない!」と多忙な在職中のあなたも、是非お気軽にお問い合わせください!

転職のプロが、あなたの転職成功のため、真心こめてお手伝いいたします。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ