家でもナースコールの幻聴が・・・。眠れぬ夜が続いてます

動悸、幻聴、わけもなく出る涙

ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』の掲示板に、心配なお悩みが届きました。
投稿主さんは看護師3年目。

  • 「最近仕事の事を考えると、動悸がして眠れなくて、深夜でも一睡もできずに勤務する事が続いてます。意味もなく涙がでたり、家に帰るとナースコールやモニターのアラーム音がこだまします」

と、ストレスによる身体の症状に悩まされているようです。
それでも、「仕事はずっと頑張りたいです」と語る投稿主さん。

同じような経験をしたことがあるユーザーの方々から、アドバイスや経験談が寄せられました。

重症化する前に早めの対処を

投稿主さんと同じような症状が2か月続き、思い切って心療内科を受診した方からは、

  • 「『うつ』の診断でした。まだ重くはなっておらず、薬物療法が開始になりました。そして、急性期病棟を離れました。今は新しい職場で追い詰められることもなく、ゆったりと働いています」

という実体験が届いています。
この他にも、

  • 「休暇を取ることで、少しでもリフレッシュできるのなら、それでも良いのかも知れません」
  • 「親しい友人などに話を聞いてもらうと少しは気が楽になります」

と、休養を取ることや、誰かに話を聞いてもらうことなどが対処法として挙がりました。

心の疲れが重症化すると、薬や休養だけでは治らず、入院を余儀なくされることもあります。
今後看護師を続けていくためにも、早めの対処で健康を取り戻すことが必要と言えそうです。

身体のSOSを聞いてあげて

  • 「質問のコメントに頑張りたいってあったけど、そんな人は責任感が強すぎるだけに、ストレスを溜め込み鬱になる傾向が強いと思います!
    これからも頑張って行きたいのなら、趣味でストレス発散する事と、誰かに何がツラいのかを聴いて貰う事で吐き出すのが重要!」

このコメントの通り、心身が辛い状態でも仕事を続ける意思がある投稿主さんは、責任感が人一倍強いのでしょう。

頑張らなきゃ、という緊張が、知らず知らずのうちにストレスとして溜まっていったのかもしれません。
弱い自分を見せまいと、愚痴や不満を吐き出すこともできなかったのかもしれません。

今回の不調はきっと、頑張り屋の投稿主さんに身体が出した「少し休まない?」のサイン。
今はしばらく、身体からのSOSに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。

↓掲示板をチェック!↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「相談です。」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ