憧れの週末2連休!土日に休める看護師の職場

「土日休みは夢のまた夢」…なんて諦めないで!

「友達と休みが合いやすい」「子供の学校行事に参加できる」「2日連続で休めるから疲れが取れる」
などなど、土日休みにはメリットがいっぱい。

しかし、24時間365日稼働している病院などでは、シフト制を導入している場合が多く、必ずしも毎週土日に休みを取れない人もいることでしょう。

土日休みへの憧れを抱く皆さんに向けて、ここでは土日に休める5つの職場を紹介します。
平日5日間で週の仕事をきっちり終わらせ、週末2日間は仕事から離れて自分の時間を満喫する…。

そんなメリハリのある生活を始めませんか?

土日に休める職場 5選

クリニック

入院設備のないクリニックでは、24時間365日看護をする必要がありません。

定められた診療日や診療時間以外には診察を行わず、休みは固定、休日出勤もほとんどない職場が多いようです。平日のみ診察を行うクリニックなら、毎週土日はほぼ確実に休めるでしょう。

注意したいのは、クリニックによっては土曜日の午前中を診療時間に充てている点。
土曜休みは隔週、という職場もあります。
求人情報を見る際は、毎週休めるのか、終日休めるのか等について、しっかり確認を。

企業が集中する都市部やオフィス街なら、土日固定休みのクリニックも、比較的見つかりやすいでしょう。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションには、土日休みの職場が多いようです。
ただ、オンコールがある場合、土日に出動する可能性がゼロではないので、注意が必要。

利用者の介護度によって、オンコールでの呼び出しが多いステーションもあれば、電話相談がメインで、ほぼ出動しないステーションもあります。
オンコールの有無に加えて、呼び出しの頻度なども要チェックです。

保育園

保育園も、基本的に日勤のみで、土日祝が固定休みの職場が多いです。
健康な子供と関われて、自分の時間も大切にできるのが大きな魅力ですが、他の職場に比べて給与は低め。

また、ほとんどの保育園は、余剰人員を抱える余裕がありません。
医療従事者は自分しかいない状況で、子供がかかりやすい病気や怪我の処置を、的確・迅速に判断できることが求められます。

健診機関

看護師に人気の職場の1つ、健診機関も、日勤のみで土日祝休みの場合が多いです。
健診機関とは、病院併設の健診センター、人間ドッグなどを行う健診専門クリニックや、学校・企業で出張健診を行う企業などが挙げられます。

採血や各種測定、受付事務が主な業務であることに加え、健康な人を相手にすることから、確かに病院より心身の負担は少ないと言えそうです。
しかし、健診機関ならではの大変さとして、「採血は一発で成功して当然なので、プレッシャー」「業務が多岐に渡る割に低賃金」「お客様意識が強い患者が多く、笑顔・接遇スキル必須」という声も。

治験コーディネーター

治験コーディネーターとは、新薬の効果やリスクを確かめる試験が円滑に行われるよう、医師などのサポートをするお仕事。

治験に関連する一般企業の従業員として働くことになるため、基本的に土日はお休みです。
ただ、治験コーディネーターの求人は、大都市圏に多く、地方では少ないという特徴があります。

書類選考、筆記試験、複数回の面接と、合否が決まるまでのフローも長く、病院などと比べて選考が厳しいため、なかなか内定が取りづらいかもしれません。

土日休みの職場に内定する近道は?

上でご紹介したような土日休みの職場は、人気が高い割には求人数があまり多くありません。
そのため、1つの求人に応募者が殺到し、競争率が跳ね上がることも珍しくないようです。

土日休みの職場に絶対入職したい!という強い気持ちがある方には、人材紹介会社の利用がお薦め。

膨大にストックされた多種多様な求人の中から、土日固定休は大前提で、給与や職場の雰囲気など、休日以外の希望条件も満たした求人を提案します。

もちろん、受かる履歴書の書き方や、面接での受け答えのコツなど、確実に内定を取るノウハウも伝授。

何十人、何百人もの看護師の転職を成功に導いてきた、転職のプロ・キャリアコンサルタントが、あなたの転職活動を内定まで徹底的にサポートします。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ