23歳、夢の一人暮らし 母が許してくれません

実家に縛られてます

ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』の掲示板から今回は、実家からの束縛に悩むナースのお悩みを紹介します。

投稿主さんは看護師歴2年目の23歳。
仕事にも慣れ、そろそろ一人暮らしをしたいと思い始めたそうですが、お母様の許可が下りないよう。

  • 「理由としては、家事の手伝いをして欲しいからだそうです。それと、妹がまだ高校生なので送迎と祖父母の病院受診の送迎の手伝いなど・・・。
    両親共働きで父は他県に単身赴任中なので、大変なのは分かります。しかし、私が日勤のときは夕食の準備や妹の迎え。休みの日も食事の準備、祖父母の病院送迎など・・・」

実家で様々な役割を任されている投稿主さん。
一人暮らしをしたい理由の一つも、「もう少し自分の時間が欲しい」からなのだそうです。

  • 「両親とも説得して許可を得てから1人暮らしをしたいのですが・・・諦めるべきでしょうか?」

こちらのお悩みに対して、ユーザーの皆さんからご意見が寄せられました。

家を出る派「せっかくの独身時代。自分の時間を楽しんで!」

コメント欄では、家を出る派・出ない派の2つに意見が分かれました。
まず、家を出る派の意見としては、

  • 「23にもなって子供を縛るのは如何なものかと思う。子供には子供の人生があるんだし。(中略)
    祖父母のレベルがわからないが、自分たちの事は自分達でやってもらうべきだと思う。
    病院へはタクシーなど利用してもいいと思うし。母親の代わりに貴女が負担することはないと思う」

と、娘といえども、既に成人し働いているいち社会人を、親が拘束するべきではないという意見や、

  • 「私なら家を出て、独身時代にしかできない事も経験したいなぁと思います。
    子ども産まれたら自由は再びなくなります。また何かに縛られている感覚がよみがえるかも」

20代前半という、時間もお金も自由に使える貴重な時期を、家事に追われて過ごすのはもったいないという声が挙がりました。

家を出ない派「親孝行と思って、あと何年かは実家にいるべき」

一方、家を出ない派の意見を見ると、

  • 「縛られてると言うより、頼られてるの間違いだと思う。
    親孝行してると思えば?いずれ親はいなくなるし、いつまでも親がいるとは限らない」
  • 「我慢できるのであれば、親孝行のつもりで数年実家にいてもいいとは思います」

と、今まで育ててくれたお母様への感謝をこめて、あと何年かは実家に留まり、家事を手伝うことを薦めるコメントが見られました。

ただ、投稿主さんがどうしても家を出たいならば、

  • 「母へ最大限の支援が出来る形を考えてあとは話し合うしかないですね」
  • 「親を説得ということでしたら、祖父母からご両親を説得してもらえないかと相談してみてもいいのでは」

このように、家族との話し合いは必須という意見が多数。お母様に感謝しつつ、投稿主さん自身がどんな生活を送りたいかをじっくり考え、想いを伝える必要がありそうです。

↓掲示板をチェック!↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「実家に縛られてる・・・」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ