皆さんの職場では、有給を取得できますか?

有給取るのは悪?

ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』の掲示板に、

  • 「みなさんの職場では有給取れますか!?」

という質問が寄せられました。

投稿主さんの職場では、病棟師長と総師長の方針により、「有給取るのは悪」というような雰囲気があり、有給が取りにくいそう。

  • 「院外研修は有給を使われ、体調不良で休むと違う公休日と交換させられます。
    旅行などで長期の休みを取るときは、夏休みか冬休み(ともに2~3日)に公休をつけられます」
  • 「なんでこんなに有給とれないのか意味不明です。労働基準局に言おうかとみんなで話してます」

投稿主さんの不満に対して、ユーザーの皆さんから多数のご意見が寄せられました。

ほぼ100%取れる職場、病欠時しか取れない職場・・・

コメント欄を見ると、

  • 「私のところも有給くれるというのはうそでした。病気でもケガでも子供の介護でも減給です。
    1ヶ月前に報告してる手術入院でも減給です」
  • 「有給は病気になって入院しないと貰えません。でも、看護師以外は貰えるんですよね~(笑)」

と、投稿主さんと同じく有給を取ることが禁止されているような職場がある一方、

  • 「有給はほぼ100%とれてます。他にリフレッシュ休暇やバースデイ休暇もあり、上司からは、休んで貰わないと困る。と言われます」
  • 「はい、取れてます!というより、希望しなくても付いてたりします(出来るだけ消化してもらう方針のようです)」

このように、ほぼ100%取得できている、という声も。
有給取得は労働者の権利ですが、職場によって有給の扱いが随分異なるようです。

最後の手段は労基への相談

労働基準法では、有給休暇を取得するかは労働者が自由に決めることができ、事業所は労働者から請求された時季に有給休暇を与えなければならないと定められています。

投稿主さんの職場のように、有給休暇を取得させない状況は労働基準法違反の可能性があるのです。

  • 「ぜひ労働基準監督署に相談しましょう。それもみんなで。
    病棟ミーティングなんかで、有給休暇がとれないことを問題提起してもいいと思います」
  • 「医療業界をより良くするためにも、是が非でも訴えるべきでしょう。
    医療業界とは全く無縁な業界から転職した私からみると世間一般の非常識がこの業界では常識なのか?と首を傾げたくなる事が多々あります」

ちなみに、有給休暇は時効によって2年間で消滅してしまいます。期限内に有給をしっかり消化するためにも、訴えを起こすことを本格的に検討してみてもいいかもしれません。

↓掲示板をチェック!↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「有給について」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ