夜勤の上限って何回ですか?

新人ナース、3交代夜勤が月12回

ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』の掲示板から今回は、夜勤に関する新人さんのお悩みをご紹介します。

投稿主さんは、3交代の病院で勤務している新人ナース。
実は、勤務先の病院での夜勤回数が多すぎるのでは?と疑問を感じていると言います。

  • 「来月の夜勤勤務が深夜5回、準夜7回とかいてありました。確か夜勤の上限は8回くらいだと思ったのですが関係ないのでしょうか?
    他の先輩看護師、新人看護師含めて私が1番夜勤が多く、次いで11回勤務の先輩が3人ほどいます」
  • 「夜勤の上限、回数を違反している場合の対応の仕方分かる方がいれば教えてください」

投稿主さんの質問に対して、ユーザーの皆さんがアドバイスを寄せました。

人員不足は仕方ないけど・・・新人に12回は多すぎ?

かつて厚生労働省が、「看護師の3交代夜勤は月8回まで」という方針を打ち出したそうですが、「8回まで」は既定ではなく、あくまで努力目標とのこと。

夜勤回数が8回を超えても違反にはならず、

  • 「パートや時短勤務、日勤常勤などの勤務形態者が多いと、常勤者の夜勤は、多くなってしまう現状がありますね。私の職場でも、常勤者は、2交代で夜勤9~8回されてます」

と、夜勤人員が足りない場合、夜勤回数が多くなるのはやむを得ないというコメントも。

ただ、投稿主さんは夜勤に入り始めて半年もたたない新人。
業務にまだ慣れていない状態で、月12回の夜勤は多すぎるのでは?という声も聞かれました。

公的機関に相談する手も

では、夜勤回数の多さについて上司にどう訴えればいいのでしょうか?
ユーザーの皆さんからのアドバイスを見ると、

  • 「『以前何かで聞いたんですが、夜勤は8回迄って・・・どうなんでしょうか?』と上司に聞いてみたら?」

このように、さりげなく窮状を伝えてみては?という意見が。
上司に直接伝えることが難しい場合は、

  • 「公的機関(労働局や労基など)に相談する。労基は匿名でも相談を取り扱ってくれますが、秘密にして欲しいとよく伝えてから相談してください」

と、公的機関を利用する手もあるようです。

看護師自身が健康でなければ、患者さんに安心感を与えられる良い看護はできません。
自分と患者さんのためにも、勇気を持って相談してみてはいかがでしょうか。

↓掲示板をチェック!↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「夜勤の上限について」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ