おすすめ職場紹介:園児の健康を守る!保育園看護師

保育園看護師のお仕事内容

保育園看護師の主な仕事は、子供たちの健康管理です。
バイタルチェックやおむつ交換、授乳、怪我や体調不良の子供に対する応急処置などを行います。
応急処置では対処しきれない場合は、保護者へ連絡したり、医療機関を受診する場合も。

また、衛生管理も重要な仕事の一つです。
抵抗力の弱い子供は、食中毒やインフルエンザなどの感染症にかかりやすいもの。
厨房やトイレなどの消毒・清掃、子供たちの手洗い・うがいを徹底し、感染を防ぎます。

時には、保育士さんに混じって、園庭で一緒に遊んだり、散歩の引率をすることもあるようです。

保育園看護師として働く3つの魅力

夜勤がない・土日祝が休みの職場が多い

夜勤がない職場が多いため、規則正しい、健康的な生活を送れる可能性が高いです。
また、土日祝日がお休みの場合も多く、家族や友人と休みを合わせやすいというメリットも。

ただし、保育園によっては夜間や休日に開園している所もあるため、事前の確認は必須です。

医療機関での経験や子育ての経験が活かせる

保育園看護師には、小児科や皮膚科、感染症予防やメンタルケアなどの幅広い知識が必要なようです。

保育園で注射や点滴などの医療行為をすることはほぼありません。
ただ、医療機関で培った経験や知識、的確な判断力は、きっと保育園でも活かせることでしょう。

また、育児経験者は、泣く子をあやしたり一緒に遊ぶ時など、ご自分の経験を活かせるかもしれません。

子供の健康を守ることへのやりがいを感じる

「病気や怪我で苦しむ子供の姿を見るのが辛かった」
小児科で働いたことがある方の中には、そんな経験をした方もいるのではないでしょうか?

保育園看護師が接する子供たちは、基本的には元気で健康です。
健やかな子供たちと一緒に遊びながら、看護師として、彼らの健康を守るために努力する・・・。

子供が大好きな方にとって、保育園看護師は非常にやりがいあるお仕事と言えるでしょう。

保育園看護師の職場を選ぶポイント

保育園看護師の待遇は、勤め先の保育園によって少なからず異なるようです。

例えば、認可保育園は給与や福利厚生が充実している所が多いと言われています。
一方、無認可保育園は、経営者の方針により給与の額などに差が出やすいそうです。

ただし、働きやすい職場を見つけるためには、給与や待遇だけではなく、園長の保育方針や園全体の雰囲気をチェックすることも重要です。

まずは見学に行き、子供たちの表情や保育士の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ