急変にビクビク、叱られてガックリ・・・新人ナースの悩み

なりたくてなった看護師だけど・・・

  • 「仕事に対して逃げ腰です。なりたくてなった看護師なのに。白衣を脱ぎ捨てたくなる時があります」

ナース人材バンクの姉妹サイト『ナース専科コミュニティ』の掲示板に、4月に入職した新人ナースからお悩みが届きました。

  • 「急変にビクビクします。新しい技術を、見学させてもらうと、次はしなくてはいけないとあせります。シュミレーションしてできると思っても、いざとなるとパニックで失敗したり、怒られたり」

焦り・緊張が続く毎日に、少々お疲れ気味の様子です。
新人は叱られて育つものだと、頭では分かっていても逃げ腰な投稿主さんが、

  • 「皆さんもこんな経験ありますか?どうやって乗り切りますか?」

と、ユーザーの皆さんに質問を投げかけました。

リフレッシュ&急変パニック防止法を伝授!

  • 「仲良くなった周りに支えられ、たまにはカラオケに行ったり飲みに行ってストレス発散して、またステップアップしてるんですよねーって自分もそうでした(笑)」
  • 「休日は友達と外出して、同僚でも良し、普通の友達でも良し、おしゃべりしてストレス発散してみてください」
  • 「強い口調で叱責されたとしても、『ああ、私のために教えてくださっているんだな』と無理やり思い込む」

このように、先輩ナースはそれぞれの方法で気持ちをリフレッシュし、辛い時期を乗り越えたようです。
また、投稿主さんが「ビクビクします」と話す急変への対応に関しては、

  • 「それぞれの患者の病態や治療方針、その内容から、どのように急変が予測できるのかを考えながら観察をすると、予測の範囲内での症状の出現になるはずです。
    パニックになりがちな急変の場を、受け持ち看護師としてどのように早期発見するか、どう対処するかの中で、まずは自分にできることから対策をとってみませんか?」

というアドバイスが寄せられました。

離れてみて気付くことがあるかも

でも、どうしても仕事が辛い、辞めたいと思いつめたら、一度看護師から離れてみては、という意見も。

  • 「逃げたいと思ったときは思いきって逃げてしまうのも一つです。離れてみると冷静に自分を見直すことができ、何が自分にとって大切か新たに見えてくるのかもしれません」

このコメントを投稿したのは、今でも逃げたいと感じる時があるという3年目ナース。
1年目の時、仕事があまりにも辛く、転職を考えたそうですが、

  • 「いざ転職を・・・と考えたとき、どうしても考えてしまうのは看護師としての自分の姿でした。
    どんなに不安で逃げ出したくなって、プレッシャーに押し潰されそうになっても、私は看護師としての自分が好きなんだなと再認識させられた瞬間でした」

と、看護師を辞めようと考えたことで改めて、仕事に対する思い入れの強さに気付いたそうです。

皆さんのコメントを受けて、投稿主さんの心の重荷が、少しは軽くなったでしょうか?
悩み、苦しんでいるときはぜひ、先輩からの心強いエールを思い出していただきたいです。

↓掲示板をチェック!↓
(ナース専科コミュニティへの会員登録が必要です)

「新人・先輩看護師に聞きます」


この記事につけられたタグ

ナース転職求人を知りたい方

こちらの記事もおすすめ